【イメージでわかる】「着る」put on/wear/in等…の違いとは

基本単語

 

今回は「着る/着ている」にまつわる表現の違いをまとめてみたいと思います。

 

例えば、下記は全て「着る/着ている」という表現ですが、違いはわかりますか?

  • put on
  • wear
  • in

 

 

今回の記事では、これらの違いをサクッとご説明したいと思います!

 

「着る」put on/wear/in等…の違い

「着る」put on/wear/in等…の違いは下記の通りです。

 

 

ポイント
<「着る」という動作
  • put on モノモノを着る
  • dress に着せる

 

<「着ている」という状態

  • wear モノ/色モノ/~色の服を着ている
  • have モノon:モノを着ている
  • in モノ/色モノ/~色の服を着ている

 

<「脱ぐ」という動作

  • take off モノモノを脱ぐ

 

要注意

  • put off:~を延期する
  • wear out:~を擦りきれさせる/疲れさせる

 

 

これらの表現を理解する際は、

  • 「動作」なのか「目的」なのか
  • 後ろの単語の種類(モノ/人/色)

に注目していきましょう。

 

 

図で示すと下記の通りです。

 

 

例文を見ながら、「着る」系の表現の違いを確認していきましょう!

 

例文

例文はコチラです。

 

put on

「put on モノモノを着る」は、着るという動作を示します。後ろにモノがきます。

 

He put on his coat.

(彼はコートを着た)

 

He puts on a sweater when it gets cold.

(寒くなると、彼はセーターを着る)

 

 

なお、putとonの間にモノを挟んでも大丈夫です。

He put his coat on.

(彼はコートを着た)

 

dress

「dress に着せる」は、着せるという動作を示します。後ろにが来ます。

 

His mother dressed him quickly.

(彼の母親は、彼に素早く服を着せた)

 

He is old enough to dress himself.

(彼は自分で服を着られる年齢だ =彼は自分で服を着るのに十分年を取っている)

 

※二つ目の例文では、文のSとOが一致しているので、oneselfを使用しています。oneselfについてはコチラの記事に詳しくまとめてあります。

 

 

なお、dressは自動詞として使用されることもあります。

He dressed quickly.

(彼は素早く服を着た)

 

wear/have on

「wear モノ/色モノ/色を着ている」は、着ているという状態を表します。後ろにモノや色が来ます。「have モノon」と代替可能です。

 

He wore a hat when I saw him.

He had a hat on when I saw him.

(私が彼に会った時、彼は帽子を身につけていた)

 

He always wears green.

(彼はいつも緑色の服を着ている)

 

in

「in モノ/色:モノ/~色の服を着ている」は着ているという状態を表します。後ろにモノや色を伴う表現が来ます。

 

He was in a fur coat.

(彼は毛皮のコートを身につけていた)

 

He looks nice in black.

(彼は黒の服が似合う =彼は黒の服に身を包むのがナイスに見える)

 

take off

「take off モノモノを脱ぐ」です。脱ぐという動作を表します。

 

He took off his dirt shirt.

(彼は汚れたシャツを脱いだ)

 

要注意

上記と似ている要注意表現です。「着る」系の意味とは異なるので注意しましょう。

 

 

まずはput offです。カレンダー上に置かれていた予定を一度離す(offにする)イメージです。

They put off the meeting.

(彼らは会議を延期した)

 

 

次にwear outです。「着て、着て、着て…outにする(なくす、外に出す)」イメージです。

The kid has worn me out.

(その子どもは私をくたくたに疲れさせた)

 

He wore out the shoes.

(彼はその靴をすり減らした)

 

※wearという動詞はwear-wore-wornと変化します

 

まとめ

いかがでしたか? 最後にまとめを再掲します。

 

ポイント
<「着る」という動作
  • put on モノモノを着る
  • dress に着せる

 

<「着ている」という状態

  • wear モノ/色モノ/~色の服を着ている
  • have モノon:モノを着ている
  • in モノ/色モノ/~色の服を着ている

 

<「脱ぐ」という動作

  • take off モノモノを脱ぐ

 

要注意

  • put off:~を延期する
  • wear out:~を擦りきれさせる/疲れさせる

 

★イメージ図

 

 

あとは実際の英会話等で何度か使ってみると良いですね。脳への残り方が違ってきます。個人的にはレアジョブ英会話おススメです。月額5000-6000円で毎日25分のレッスンが出来るのは驚愕です。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本単語 文型(動詞・助動詞・受動態) 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント