YouTubeもやっています!

【決定版】名詞節を導く従位接続詞まとめ【that/whether/if/but/lest/間接疑問】

接続詞

 

今回は名詞節を導く従位接続詞をまとめてみました。

 

副詞節と違い、数が限られているので一気に全て押さえてしまいましょうね。

 

記事は5分ちょっとで読めますよ!

 

名詞節を導くのは…that/whether/if/but/lest/間接疑問

まずは全体像からご紹介します。

 

名詞節を導く従位接続詞は下記の通りです。

 

名詞節を導く従位接続詞まとめ
  • that: ~ということ(主語、目的語、補語、同格)
  • whether: ~かどうか(主語、目的語、前置詞の目的語、補語、同格、whether to V)
  • if: ~かどうか(目的語のみ)
  • but: ~ではないということ(=that~not)
  • lest: ~しはしないかと(≒that)
  • 間接疑問

 

 

細かい用法は一つずつチェックしていきましょう!

 

that

thatは「~ということ」という意味で訳します。

 

主語、目的語、補語、同格の位置にくることができます。万能選手ですね。

 

ただ、前置詞の目的語には原則なれないので注意してください。for that SVやwith that SVという形は不可というコトです。

 

(例外的にOKなパターンもあります。”前置詞 that SV”のパターンについてはコチラの記事:【全パターン網羅】”前置詞 that SV”となる表現【in that/except that/save that他】にまとめてみました。)

 

 

例文はコチラです。

 

まずは主語にくるパターン。

That he was absent from the party discouraged me.

(彼がパーティーを欠席したということは、わたしをがっかりさせた)

 

次に目的語になるパターンです。thatが省略されることもあります。

I think (that) he is innocent.

(わたしは彼が無罪だと思う

=わたしは彼が無罪だということを思う)

 

補語になるパターンです。thatが省略されることもあります。

The problem is (that) he is lazy.

(問題は彼が怠惰だということだ)

 

同格のパターンです。

The fact that he studied hard surprised me.

(彼が一生懸命勉強したという事実はわたしを驚かせた)

 

同格のパターンをとりうる名詞(今回の例文でいえばfact)は、ある程度決まっています。

 

同格のthatをとる名詞(代表的なもの)
①事実・情報系
  • announcement: 告知、assertion: 主張、fact: 事実、information: 情報、news: 知らせ、possibility: 可能性、proof: 証拠、rumor: うわさ
②思考・意見系
  • belief: 信念、demand: 要求、feeling: 気持ち、idea: 考え

 

 

 

なお、接続詞thatと関係代名詞thatは見分け方がけっこう紛らわしいです。

 

「なにそれ?」という方はぜひ下記の記事をお読みくださいね。thatについて詳しく説明しています。

 

参考記事:接続詞thatの用法まとめ。関係代名詞thatとの違いって?

 

whether/if

whether/ifは、「~かどうか」と訳すことができます。意味は同じですね。

 

ただ、次のような違いがあるので注意してください。ifの方が制約が多いのです。

(英作文ではwhetherを使った方が無難です)

 

 

whetherとifの違いは下記の通りです。

 

ポイント
①文中での位置
  • whether: ~かどうか(主語、目的語、前置詞の目的語、補語、同格、whether to V)
  • if: ~かどうか(目的語のみ)
②or notの位置 (or notは全て省略可)
  • whether~ or not / whether or not~ のどちらも可
  • if~ or not のみ可

 

 

例文を見ていきましょう。

 

まずは主語にくるパターン。

Whether he is our opponent is not clear.

彼が我々の敵かどうかはハッキリしていない)

 

目的語にくるパターン。このパターンのみif使用可です。ifはor notの位置にも制約があるので、わかりやすくするためor not付きの例文で示します。

I don’t know whether or not he is our opponent.

= I don’t know whether he is our opponent or not.

= I don’t know whether he is our opponent or not.

(わたしは、彼が我々の敵であるのかどうかを知らない)

 

前置詞の目的語のパターンです。前置詞の後ろにwhetherのカタマリがきていますね。

I am not interested in whether he is our opponent or not.

(わたしは、彼が我々の敵であるのかどうかに興味がある)

 

補語にくるパターンです。

The problem is whether he is our opponent.

(問題は、彼が我々の敵であるのかどうかだ)

 

同格のパターンです。

The question whether he is our opponent is the most important.

(彼が我々の敵であるのかどうかという疑問は、最も重要だ)

 

whether to Vのパターンです。「Vすべきかどうか」と訳します。

I don’t know whether to approve his plan.

(わたしは、彼の計画を承認すべきかどうかわからない)

 

but

古い表現ではありますが、butが「~ではないということ (=that~not)」の意味で使われることがあります。

 

主に否定文で使われます。また、後ろにthatを伴い、but thatの形で使われることもあります。

 

 

例文はコチラです。

I am not sure but he may fail.

= I am not sure but that he may fail.

= I am not sure that he may not fail.

(彼は失敗するかもしれない

彼は失敗しないかもしれないということをわたしは確信していない)

 

lest

心配や懸念を表す表現とセットで使われます。節内では仮定法現在(shouldか動詞の原形)が使用されます。

 

lestは、いまではあまり使われない表現で、代わりにthatが使われる方が普通です。

 

例文はコチラです。

I am afraid lest he (should) get angry.

= I am afraid lest he (should) get angry.

(彼が怒りやしないかとわたしは心配だ)

 

間接疑問

最後は間接疑問です。

 

間接疑問とは、「疑問詞+SV」の語順で使われるもののことですね。whatやwhen、howなど、様々な疑問詞とセットで使われます。

 

例文はコチラです。

I don’t know when he went there.

(わたしは彼がいつそこへ行ったのかを知らない)

 

When he went there isn’t known.

= It isn’t known when he went there.

(いつ彼がそこへ行ったのかは、知られていない)

※It isn’t when~のItは形式主語(仮主語)です

 

 

なお、間接疑問のややこしい用法について知りたい!という方は、ぜひ下記の記事もお読みくださいね。

 

参考記事:【間接疑問】疑問詞の紛らわしい語順【whatは前?後ろ?】

 

おわりに

いかがでしたか?

 

名詞節を導く従位接続詞のパターンは、比較的数が少ないです。これを機会に一気に網羅できるとよいですね。

 

ご質問等ある方はコメント欄までお願いします。それでは!

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

接続詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント