【決定版】節内でnotを使わない表現まとめ【unless/lest/for fear that/in case】

接続詞

 

今回は節内でnotを使わない表現をまとめてみたいと思います。

 

どれも「~ない」といったような否定的な意味を持つので、notをつかってしまいがちです。

 

ここでまとめて確認してしまいましょう。3分程度で読めますよ!

 

節内でnotを使わない表現

節内でnotを使わない表現は下記の通りです。

 

ポイント
  • unless SV: SVでない限り
  • lest S should V: SがVするといけないから
  • for fear (that) SV : SがVするのを恐れて、SがV~しないように
  • in case SV: SVする場合に備えて (SVするといけないから)、SVの場合には

 

 

 

それぞれ例文付きで確認していきましょう。

 

unless SVです。

She works late at night unless she is too tired.

(彼女は疲れすぎているのでない限り、夜遅くまで働く)

 

NG表現:~unless she is not too tired.

 

※なお、unlessはさらに使い方に注意が必要なヤバい表現です。なにがヤバいのか? ぜひこちらの記事もお読みください!

参考記事:【衝撃!】unless = if not ではないってホント?【unlessの本当の意味】

 

 

lest S should Vです。

Take your umbrella lest it should rain.

(雨が降るといけないから、傘を持っていきなさい)

 

NG表現:~lest it should not rain.

 

※なお、lest内では仮定法現在が使われています。should Vの代わりにV (原形)を使ってもOKです。

 

 

for fear (that) SVです。

We locked the door for fear (that) a thief sneak into the room.

(泥棒が部屋に忍び込まないように、私たちはドアに鍵をかけた)

 

 

in case SVです。

Take an umbrella with you in case it rains.

(雨が降るといけないから、傘を持っていきなさい)

 

 

 

紛らわしい表現なので、何度か例文を音読して身体で慣れてくださいね!

 


コメント