【語源でイメージ】”接尾辞 al”の英単語まとめ【economical/artificial…】

基本表現・語源

 

今回は“al”を接尾辞に含む単語をまとめてみました。

 

語源から考えると、様々な単語を一気に本質理解することが出来ます。

 

一体どのようなものなのか? サクッと確認していきましょう!

 

※接尾辞とは、単語の末尾のつづりのことです。単語の品詞を大きく変える傾向があります。

 

“al”を含む英単語まとめ

接尾辞”al”には、

  • al: ①単語を形容詞化(~に関する、~の、~のような)、②単語を名詞化

という役割があることを意識してください。

 

特に単語を形容詞化することが多いのですが、「actual: 実際の」や「economical: 経済の」、「artificial: 人工の」など、形容詞として機能していますね。

 

 

下記には代表的な単語をいくつかピックアップしてみました。「al: ①単語を形容詞化、②単語を名詞化」という観点から眺めてみてくださいね。

 

ポイント

単語を形容詞化

  • actual: 実際の
  • aerial: 空からの、空中の
  • agricultural: 農業の「cul, col (=cultivate 耕す)」
  • anal: 肛門の発音は「エイナゥ」/éinəl/なので要注意
  • anatomical: 解剖の
  • artificial: 人工の
  • biennial: 2年ごとの「enn: 年」
  • bilingual: 2言語を自由に話せる人「bi: 2つの」
  • biological: 生物学の
  • classical: 古典派の、伝統派の
  • colonial: 植民地の(「colony: 植民地」)
  • commercial: 商業の(「commerce: 商業」)
  • conceptual: 概念上の「con: 完全に」「cept: 取る」
  • digital: デジタルの
  • economical: 経済の
  • formal: 正式の、公式の(⇔「informal: 非公式の」、「in: 否定」)
  • general: 概略の、世間一般の
  • herbal: 草の、薬草の
  • ideal: 理想的な
  • imperial: 帝国の
  • judicial: 司法の
  • legal: 法律の
  • liberal: 寛大な、自由主義の、豊富な
  • magical: 魔法の
  • normal: 普通の(⇔「abnormal: 異常な」、「ab: 離れた」)
  • official: 公の(⇔「unofficial: 非公式の、非公認の」、「un: 否定」)
  • partial: 部分的な
  • racial: 人種の
  • radical: 根本的な、斬新な
  • real: 実在する、現実の
  • seasonal: 季節的な
  • topical: 話題の
  • unequal: 不平等な、不公平な(⇔「equal: 平等な、等しい」)
  • verbal: 口頭の
  • zonal: 地域の、地域に分けられた(「zone: 地域、区域」)

 

単語を名詞化

  • betrayal: 裏切り、背信
  • removal: 移動

 

 

おわりに

いかがでしたか? 語源は威力抜群なので、超オススメの単語勉強法です。たくさんの文章を読み込むのと並行で、語源学習も出来ると効果抜群だと思います。

 

 

なお、語源系の書籍としては、個人的には語根中心英単語辞典がイチオシです。なぜか一般の書店ではあまり見かけない気がします。

 

 

イラストがあるわけではないですが、かなり網羅性が高く、かつ「なるほど!」と思わせるような単語の並びになっています。

 

読み物というよりは、辞書代わりに一冊手元に置いておくと非常に重宝します。

 

 

その他、下記の語源本もおすすめです。

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

 

これも個人的には大好きな語源本です。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)

 

 

また、辞書のジーニアス英和辞典 第5版は語源の説明が充実しているのでおススメです。(そして、辞書としても最も使い勝手が良いように感じます)

 

 

質問等あればコメント欄までお願いします。

 

それでは!

 


コメント