【サクッと理解!】byとnearの違いとは?【近い】

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

突然ですが、byとnearには、どちらも「近い」という意味があるのはご存知ですか?

 

 

なんとなく聞いたことあるような…

 

ただ、両者は微妙なニュアンスが異なるのですね。

 

 

どこがどのように異なるのか?

 

 

細かい違いを確認してみましょう!

 

近さは「by > near」

ざっくり言うと、近さの度合いは「by > near」です。

 

つまり、byの方がnearよりも近いのですね。

 

 

例文で見てみましょう。

She lives by the river.

(彼女は川沿いに住んでいる

= 川が見えるくらい近い)

 

She lives near the river.

(彼女は川の近くに住んでいる

= 川から多少は離れているかもしれない。数キロくらい離れている可能性も)

 

 

byだと、「川の至近距離」を示すのですが

nearだと「多少は離れている可能性」があるのですね。

 

byの覚え方

ただ、こんな声も聞こえてきそうです。

 

 

byの方が近いのはわかったけど…

なんかいい覚え方ないかな??

 

 

2014年のドラえもん映画で、

「スタンドバイミー (Stand by me)」

というものがあったのを覚えていますか?

 

 

byはまさにこのイメージです。

のび太のすぐ隣にドラえもんがいて、寄り添っているイメージです。

 

 

これが仮に「スタンドニアミー (Stand near me)」だったら、

のび太とドラえもんがちょいと離れている可能性があるのです。

 

 

 

※そもそもStand near meってあまり聞かない英語表現ですが。

「近くに立っている」と言う場合、かなり至近距離にいることを暗示しますよね。

そのため、near(=見えないくらい離れているかもしれない)はstandと相性が良くないのかもしれません。

 

 

 

けど、実際、二人は寄り添っているからStand by me

byの方が近いので、nearは使われていないのです。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

細かい違いですが、知っていれば、

「お!コイツやるな」と相手に思わせることが出来ますね!

 

 

この調子で、一つずつ様々な表現の違いを覚えていけたら良いですね。

 

それではまた! 最後までお読みくださりありがとうございました。

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント