【知覚動詞】知覚動詞OVと知覚動詞OVingの違いとは?【原形vs現在分詞】

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は知覚動詞の細かいルールを確認したいと思います。

 

突然ですが、see O Vとsee O Vingの違いって皆さんわかりますか?

 

 

 

どういうこと…?

 

 

具体的な例文で、実際にみてみましょう!

 

Vは最初から最後まで、Vingは一部だけ

see O Vとsee O Vingの違いはシンプルです。

VとVingとで、下記のような違いを含意するのですね。

 

  • see O V:「OがVするのを(最初から最後まで)見る」
  • see O Ving:「OがVしているのを(一部だけ)見る」

 

 

例文で見てみましょう。

 

O=him, V=cross

O=him, Ving=crossing

と考えてください。

 

I saw him cross the street.

(わたしは彼が道路を渡るのを (最初から最後まで)見た)

 

I saw him crossing the street.

(わたしは彼が道路を渡っているのを (一部だけ)見た)

 

 

上の例文では、

彼が道路を渡り始めてから、渡り終えるまでを全て見ていたのに対し、

 

下の例文では、

彼が道路を渡っている様子を、一部分だけ切り取って見ていたということになるのですね。

 

 

 

他の知覚動詞でも同じです。

 

hear (聞く)も例文で見てみましょう。

I heard him sing the song.

(わたしは彼が歌を歌うのを (最初から最後まで)聞いた)

 

I heard him singing the song.

(わたしは彼が歌を歌っているのを (一部分だけ)聞いた)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

細かい差異ですが、これを知っていれば「知っている感」を醸し出すことが出来ますね!

 

 

女の子にモテるかな?

 

 

それはみなさん自己責任でお願いします。

 

 

それではまた!

最後までお読みくださりありがとうございました。

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント