【the last person】the last 名詞 to V / 関係代名詞とは【意味・用法】

比較

 

今回は、

  • the last 名詞 to V
  • the last 名詞 関係代名詞

の意味を取り上げたいと思います。

 

 

「決してVしない名詞」という意味になるのですが、なぜこのような訳になるのでしょう?

 

the last = 最後の =決してしない

まずはポイント/例文をざっくり見てみましょう。

 

ポイント
  • the last 名詞 to V: 決してVしない名詞
  • the last 名詞 関係代名詞: 決して関係代名詞しない名詞

 

 

 

He is the last person to trust.

He is the last person that we could trust.

(彼は決して信頼できない人です)

 

※ that we could trustが関係代名詞のカタマリです

 

 

 

このような訳になる理由は、「the last: 最後」という意味を押さえておけば理解できます。

 

 

 

例えば、全人類を巻き込んだ「信頼できる人選手権」なる大会があるとしましょう。

 

この大会では、「信頼できる順」に前から並んでいきます。一番信頼できるのは○○さん、つぎに信頼できるのは△△さん…といった具合に。

わたくしが並べば、トップ100入りを果たすことでしょう。

 

 

そして、選手権ですから、最下位の人間も当然出てしまいます。

 

最下位の人間は一番後ろ、最後に並ぶわけですね。

 

<イメージ>

〇〇⇒⇒……⇒〇〇●

 

 

一番後ろに来ているというコトは、彼/彼女は人類で最も信頼できないヤツということです。

どんなに善人面していようが、決して信じてはいけません

 

 

そうです。the lastが「決して~ない」という意味になるのは、こういうことなのです。

なにかのランク付けにおいて、「一番後ろにくる = 決して~しない」という意味になりますよね。

 

 

「the last 名詞」の後ろに「to V」、「関係代名詞」がくるパターンがありますが、

これは直前の名詞を修飾していると考えればOKです。

 

  • the last 名詞 ←toV : 決してVしない名詞
  • the last ←関係代名詞 : 決して関係代名詞しない名詞

 

 

なお、文脈次第では、単に「最後の」という意味になることもあります。意味内容を考えて訳すようにしましょうね。

He is the last person who came here.

(彼はここに来た最後の人だった)

 

 


コメント

  1. […] ・【the last person】the last 名詞 to V / 関係代名詞とは【意味・用法】 […]