【一発理解!】”there is no Ving”と”it is no use Ving”の違い【類似表現まとめ】

準動詞

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は、there is no Vingとit is no use no Vingの違いをまとめたいと思います。

 

 

非常によく似た表現ですが、意味は全然異なるのですね。

「なぜそうなるのか?」をスッキリ整理していきたいと思います。

 

 

がんばるぞ!

 

 

there is no Ving「Vできない」

まずは、there is no Vingからいきましょう。

 

これは、

  • there is no Ving:「Vできない」

という意味になります。

 

 

どうしてそうなるの?

 

 

 

no Vingの部分に注目してください。

ここだけを見ると、「Vがない」という意味になりますよね。

 

 

つまり、

「Vがない」

「Vがないってことは、Vできない!」

「Vできない」

ということですね。

 

 

なるほど!

 

 

 

例文はコチラです。

There is no stopping her.

(彼女を止めることは出来ない)

 

it is no use Ving「Vしても無駄だ」

次はit is no use Vingです。

 

これは、下記の言い換え表現も含めて覚えてしまってください。

 

  • it is no use Ving:「Vしても無駄だ」

 = it is no good Ving

 = there is no use in Ving

 = there is no use Ving

 

 

 

どうしてこういう訳になるの?

 

 

 

これは、no use Vingの部分に注目してみましょう。

ここだけを見ると、「Vを使う、がない」という意味になりますよね。

 

 

つまり、

「Vを使う、がない」

「Vは使えない。使えないなら無駄」

「Vしても無駄だ」

ということですね。

 

 

ほうほう。

 

 

 

例文は下記をチェックしてください。

It is no use explaining it again.

= There is no use in explaining it again.

= There is no use explaining it again.

(それを再び説明しても無駄だ)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

一見わかりにくい言い回しも、単語レベルへ分解すると少しはわかりやすくなります。

丸暗記ではなく、考えながら覚えるクセを付けるとよいですね!

 

それではまた!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
準動詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考:【一発理解!】”there is no Ving”と”it is no use Ving”の違い […]