YouTubeもやっています!

【「宇宙」は英語で何?】space, universe, cosmosの違い

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は「宇宙」という単語について学びましょう!

space, universe, cosmosの違いについて説明いたします。

 

 

どんな説明になるのかな?

 

space

まずはspaceから。

 

spaceは「大気圏外の宇宙空間」という意味合いを持ちます。

無冠詞で使われるのがポイントです。

 

どうして無冠詞なの?

 

theには、「特定の」というイメージがあります。

「特定の範囲を囲む」というイメージですね。

 

 

ただ、宇宙空間というのは超広い。ほぼ無限に広がっているわけです。

つまり、「特定の範囲を囲む」という発想がしにくいわけです。

 

そのため、space「宇宙空間」は無冠詞で使われるのです。

 

例文はコチラです。

His rocket was launched into space.

(彼のロケットは、宇宙空間へと発射された)

 

 

なお、theに関する関連記事はコチラです。よろしければお読みください。

冠詞the【身体部位】

冠詞the【楽器】

 

universe

次はuniverseです。

 

universeは「存在するすべてのもの」という意味を含んだ宇宙になります。

そのため、「森羅万象」という訳語が充てられることもあります。

 

 

この語は、「存在するすべてのもの」を特定の範囲として捉えることが出来るので、

theとセットで使用するのが基本です

 

I want to know the truth of the universe.

(わたしは宇宙の真理を知りたい)

 

cosmos

ラストはcosmosです。

 

cosmosは「秩序ある宇宙」を示す語です。

 

 

体系だった宇宙を示すので、特定の範囲を頭に描くことが出来ます。

 

かつ、みなが知っている唯一のモノ(the sunと同じです)なので、

theとセットで使用されます。

 

 

例文はコチラです。

The cosmos is changing every minutes.

(宇宙は刻一刻と変化している)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

似たような単語でも、微妙なニュアンスを使い分けられるようになるとカッコイイですね!

ご質問等あればコメント欄までお願いします。

 

それでは!

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント