【驚愕】「may ~かもしれない」は疑問文に出来ない⁈

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

今回は助動詞mayの疑問文について学んでみましょう。

 

mayの代表的な意味は「~してもよい / ~かもしれない」ですが、

実はコレ、疑問文にするときは多少制約が付くことがあるのですね。

 

一体どんな制約があるのか? 一緒に確認していきましょう!

 

助動詞mayの疑問文

助動詞mayの疑問文の疑問のまとめです。

 

 

ポイント
  • 「~してもよい」 ⇒疑問文OK
  • 「~かもしれない」 ⇒疑問文NG、might/can/couldを使用※

※ただし、否定疑問文や疑問詞wh-の疑問文では使用OK

 

 

「~してもよい」では疑問文を使っても良いです。

 

一方、「~かもしれない」では疑問文を使ってはいけないのですね。代わりにmightやcouldを使うのですね(一部例外的にmayを使う場合もあります)

 

 

一体どういうことなのか? 具体的な例文付きで見ていきましょう!

 

例文

コチラが例文です。

 

~してもよい

「~してもよい」の疑問文からです。

 

May I sit down?

(座ってもよいですか?)

 

May I help you?

(いらっしゃいませ =わたしはあなたのお手伝いをしてもよろしいですか?)

 

~かもしれない

「~かもしれない」の疑問文です。

 

原則として、この意味でmayを疑問文に使うことは不可です。

 

mayよりも控えめなmightや、「~でありうる」という意味になるcan、canより丁寧な意味を持つcouldで代用します。これらは、Do you think~?の形で言い換えることも可能です。

May the child be asleep?

Can the child be asleep?

Could the child be asleep?

(その子どもは寝ているかもしれないでしょうか?)

 

Do you think the children is asleep?

(その子どもは寝ていると思いますか?)

 

 

ただし、否定疑問文(not付きの疑問文)や疑問詞wh-を含む疑問文では、mayを使うことも可能です。

May the child not be asleep?

(その子どもは寝ていないかもしれないでしょうか?)

 

And who may you be?

(それで、どちら様でしょうか =で、あなたは誰であるかもしれないのですか?)

※上から目線の表現

 

 

意外な盲点ですが、これを機会に知識を整理して頂けたのであれば嬉しいです。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
文型(動詞・助動詞・受動態) 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント