【驚愕】「may ~かもしれない」は疑問文に出来ない⁈

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

今回は助動詞mayの疑問文について学んでみましょう。

 

mayの代表的な意味は「~してもよい / ~かもしれない」ですが、

実はコレ、疑問文にするときは多少制約が付くことがあるのですね。

 

一体どんな制約があるのか? 一緒に確認していきましょう!

 

助動詞mayの疑問文

助動詞mayの疑問文の疑問のまとめです。

 

 

ポイント
  • 「~してもよい」 ⇒疑問文OK
  • 「~かもしれない」 ⇒疑問文NG、might/can/couldを使用※

※ただし、否定疑問文や疑問詞wh-の疑問文では使用OK

 

 

「~してもよい」では疑問文を使っても良いです。

 

一方、「~かもしれない」では疑問文を使ってはいけないのですね。代わりにmightやcouldを使うのですね(一部例外的にmayを使う場合もあります)

 

 

一体どういうことなのか? 具体的な例文付きで見ていきましょう!

 

例文

コチラが例文です。

 

~してもよい

「~してもよい」の疑問文からです。

 

May I sit down?

(座ってもよいですか?)

 

May I help you?

(いらっしゃいませ =わたしはあなたのお手伝いをしてもよろしいですか?)

 

~かもしれない

「~かもしれない」の疑問文です。

 

原則として、この意味でmayを疑問文に使うことは不可です。

 

mayよりも控えめなmightや、「~でありうる」という意味になるcan、canより丁寧な意味を持つcouldで代用します。これらは、Do you think~?の形で言い換えることも可能です。

May the child be asleep?

Can the child be asleep?

Could the child be asleep?

(その子どもは寝ているかもしれないでしょうか?)

 

Do you think the children is asleep?

(その子どもは寝ていると思いますか?)

 

 

ただし、否定疑問文(not付きの疑問文)や疑問詞wh-を含む疑問文では、mayを使うことも可能です。

May the child not be asleep?

(その子どもは寝ていないかもしれないでしょうか?)

 

And who may you be?

(それで、どちら様でしょうか =で、あなたは誰であるかもしれないのですか?)

※上から目線の表現

 

 

意外な盲点ですが、これを機会に知識を整理して頂けたのであれば嬉しいです。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント