【意外と知らない】人称代名詞の語順【1人称/2人称/3人称どれが先?】

名詞

 

今回は人称代名詞の語順についてまとめてみたいと思います。

 

 

たとえば、下記の文において、「わたし」と「あなた」の語順は、どちらが好ましいのでしょうか。

  • I and you went there.
  • You and I went there.

 

 

また、「あなた」と「彼」なら?

  • You and he went there.
  • He and you went there.

 

 

しらん

 

 

実は人称によって語順が決まっているのですね。さらに、その規則が崩れる例外についても解説してみました。

 

人称代名詞の語順まとめ

人称代名詞の語順まとめは下記の通りです。

 

ポイント

<原則>

  • 2人称 > 3人称 > 1人称

 

<例外>

  • 1人称が最後に来ているのはへりくだる気持ちを示すため。悪いことに言及する場合は、1人称が先にくることもある。
  • また、身分の差を明示する場合も、1人称が先にくることがある。

 

 

「目の前にいるアナタ」を最も尊重し、「ワタシ」を最も後ろに持ってくるという発想ですね。

 

 

相手を尊重する気持ちからこの語順になっているので、悪いことに言及する際は、この語順が逆になるのです。(自分が批判の矢面に立つイメージです)

 

また、「わたしの方が偉い!」という気持ちを前面に押し出す場合も、語順が変わるのですね。

 

 

下記で例文を見てみましょう。

 

例文

こちらが例文です。

 

まずは通常のパターンから。

You and I went there.

(きみとわたしはそこへ行った)

 

You and he went there.

(きみと彼はそこへ行った)

 

 

次に、悪いことに言及している場合です。「わたし」の存在をまずは出していますね。

I and you were arrested by the police.

(わたしとあなたは警察に逮捕された)

 

I and he were arrested by the police.

(わたしと彼は警察に逮捕された)

 

 

また、身分の差をハッキリ前面に押し出す場合です。

I and my children will go fishing on the lake tomorrow.

(わたしとわたしの子どもたちは、明日湖へ釣りに行く)

 

I and my dog go for a walk every morning.

(わたしとわたしのイヌは毎朝散歩に行く)

 

 

やや盲点ですが、主語の語順に気を配ると、より自然な英語が身に付きますね!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
名詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント