【意外と知らない】人称代名詞の語順【1人称/2人称/3人称どれが先?】

名詞

 

今回は人称代名詞の語順についてまとめてみたいと思います。

 

 

たとえば、下記の文において、「わたし」と「あなた」の語順は、どちらが好ましいのでしょうか。

  • I and you went there.
  • You and I went there.

 

 

また、「あなた」と「彼」なら?

  • You and he went there.
  • He and you went there.

 

 

しらん

 

 

実は人称によって語順が決まっているのですね。さらに、その規則が崩れる例外についても解説してみました。

 

人称代名詞の語順まとめ

人称代名詞の語順まとめは下記の通りです。

 

ポイント

<原則>

  • 2人称 > 3人称 > 1人称

 

<例外>

  • 1人称が最後に来ているのはへりくだる気持ちを示すため。悪いことに言及する場合は、1人称が先にくることもある。
  • また、身分の差を明示する場合も、1人称が先にくることがある。

 

 

「目の前にいるアナタ」を最も尊重し、「ワタシ」を最も後ろに持ってくるという発想ですね。

 

 

相手を尊重する気持ちからこの語順になっているので、悪いことに言及する際は、この語順が逆になるのです。(自分が批判の矢面に立つイメージです)

 

また、「わたしの方が偉い!」という気持ちを前面に押し出す場合も、語順が変わるのですね。

 

 

下記で例文を見てみましょう。

 

例文

こちらが例文です。

 

まずは通常のパターンから。

You and I went there.

(きみとわたしはそこへ行った)

 

You and he went there.

(きみと彼はそこへ行った)

 

 

次に、悪いことに言及している場合です。「わたし」の存在をまずは出していますね。

I and you were arrested by the police.

(わたしとあなたは警察に逮捕された)

 

I and he were arrested by the police.

(わたしと彼は警察に逮捕された)

 

 

また、身分の差をハッキリ前面に押し出す場合です。

I and my children will go fishing on the lake tomorrow.

(わたしとわたしの子どもたちは、明日湖へ釣りに行く)

 

I and my dog go for a walk every morning.

(わたしとわたしのイヌは毎朝散歩に行く)

 

 

やや盲点ですが、主語の語順に気を配ると、より自然な英語が身に付きますね!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
名詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント