YouTubeもやっています!

【yes/noが逆⁈】付加疑問/否定疑問/mindへの答え方【日本語のはい/いいえとの違いとは】

基本単語

 

今回は付加疑問/否定疑問/mindへの答え方をまとめてみたいと思います。

 

実はコレ、単純に日本語の「はい/いいえ」で考えるとyes/noの返答を間違えてしまいます。

 

一体どのように考えればよいのか? 正しく理解すれば、二度と間違うことはありません。3分程度で簡単に確認してみましょう!

 

付加疑問/否定疑問/mindへの答え方

付加疑問/否定疑問/mindへの答え方は、動詞に対するyes/noで決まります。英語のyes/noを考えるときは、日本語の「はい/いいえ」※は一度無視しましょう。

 

※日本語の「はい/いいえ」は、英語のyes/noとは厳密には意味が違うためです。これについては後ほど詳しく述べます。

 

 

例えば下記の付加疑問を用いたやりとりを見てください。

You don’t like apples, do you?

(君はリンゴが好きではない、そうだよね?)

 

Yes, I do. (いいや、好きだよ)

No, I don’t. (はい、好きではないよ)

 

 

例えばyesの返答から見てみましょう。

 

表面上はyesが「いいえ」という意味で使われていますが、I doの部分で「好きだよ」と、

直前で使われている動詞を肯定しています。

 

日本語がどうであれば、動詞に対して肯定するのであれば、英語ではyesが使われます。

 

 

 

一方、noの方も同じです。

 

表面上はnoが「はい」という意味で使われていますが、I don’tの部分で「好きではない」と直前の動詞を否定しています。

 

動詞に対して否定をする場合、英語ではnoが使われるのです。

 

 

 

その他、否定疑問やmindでも上記のようなyes/noのねじれ現象が起きやすいです。

 

表面的な日本語は一度無視し、動詞に対するyes/noで回答が決まっている点に着目してください。

 

 

否定疑問です。

Don’t you like apples? (君はリンゴが好きじゃないのかい?)

 

Yes, I do. (いや、好きだよ)

No, I don’t. (はい、好きじゃない)

 

 

mindです。mindは相手に何かをお願いする際に使われる表現ですが、「~を嫌がる」という意味があるため、下記のようなやり取りになります。

 

上がyesに相当する返答、下がnoに相当する返答です。

Do you mind opening the door?

(扉を開けてくれませんか? =君は扉を開けることを嫌がるかい?)

 

Yes, I mind. (いやです =はい、嫌がります)

 

No, I don’t mind. (いいですよ =嫌がりません)

Not at all. (いいですよ =全然嫌がりません)

Of course not. (もちろんいいですよ =もちろん嫌がりません)

 

英語のyes/noと日本語の「はい/いいえ」は何が違うのか

英語のyes/noと日本語の「はい/いいえ」は何が違うのでしょうか。

 

これまで見てきた通り、英語は動詞に対するyes/noで答えが変わります。

 

一方、日本語は相手の考えに同意するかどうかで「はい/いいえ」が決まります。

 

 

例えば先ほどの例文を見てください。

 

相手が「好きではないんだよね?」と聞いているわけなので、

相手は「わたしがリンゴを好きではないこと」を考えているわけです。

 

 

つまり、

リンゴが好きであれば、相手の考えに反対するので、「いいえ」

リンゴが好きでないのであれば、相手の考えに同意するので、「はい」

と答えているわけです。

 

You don’t like apples, do you?

(君はリンゴが好きではない、そうだよね?)

 

Yes, I do. (いいや、好きだよ)

No, I don’t. (はい、好きではないよ)

 

まとめ

いかがでしたか? 最後にポイントをまとめておきます。

 

 

ポイント

<yes/noが逆になりやすい表現>

  • 否定疑問文 (Don’t you~?)
  • 付加疑問文(~, don’t you? / ~, do you?)
  • mind

 

<英語と日本語の違い>

  • 英語:動詞に対するyes/noで考える
  • 日本語:相手の考える内容に対する「はい/いいえ」で考える

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。不明点等あればコメント欄までお願いします。

 

それでは!

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

基本単語基本表現・語源文型(動詞・助動詞)英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント