【3分でわかる】catch O Ving の意味用法とは【OがVしているのを見つける】

基本単語

 

今回はcatch O Vingの意味用法をご紹介したいと思います。

 

やや注意するところがありますが、整理して考えれば難しくはありません。

 

3分程度で読めますよ!

 

catch O Ving の意味用法

catch O Ving の意味用法は下記の通りです。

 

 

ポイント
  • catch O Ving: OがVしているのを見つける

※1 実際捕まえるかどうかは文脈次第

※2 通常VではなくVingが入る

 

 

catchなので「捕まえる」という意味を連想しやすいですが、「実際捕まえるかどうかは文脈次第」である点には注意です。

 

また、Vingの部分にはVが入ることは、原則ありません。

 

 

例文は下記の通りです。

The teacher caught his students sleeping during the class.

(先生は、生徒たちが授業中眠っているのを目撃した)

 

 

構造を理解したら、あとは何度か音読をして慣れてくださいね。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント