【イメージ/例文でわかる】meansの意味・用法まとめ【by means of/by all means他】

名詞

 

今回はmeansの意味・用法についてまとめてみたいと思います。

 

これは非常にくせ者で、「手段、財産、収入」など、一見全く異なる意味を持ちます。ただ、実はコレ、「あるイメージ」に注目すれば一気に納得することが出来るのですね。

 

meansを用いた定型表現と一緒に、サクッと確認していきましょう!

 

meansの意味・イメージ・定型表現まとめ

meansの意味・イメージ・定型表現まとめは下記の通りです。

 

 

 

ポイント

<meansの意味>

  • 手段、方法(単数/複数扱い)
  • 財産、収入(複数扱い)

★単数形/複数形とも”means”なので要注意

★「人」と「目的/ある行動」の間をつなぐモノというイメージがある

 

<meansを用いた定型表現>

  • by means of~: ~によって(~という手段によって)
  • by all means: ①ぜひどうぞ/もちろん(= of course)、②まさにその通り、③絶対に、④必ず※
  • by any means: ①決して~しない(否定文で)、②どんなことをしても(疑問文)
  • by fair means or foul: どんな手を使ってでも、手段を選ばず

※①~③ではby all meansを単独で使用する

 

 

meansを考えるうえで大切なのは、

  1. 単数形/複数形とも”means”
  2. 「人」と「目的/ある行動」の間をつなぐモノというイメージがある

ということです。

 

 

meansは単数形であろうが複数形であろうが、常に“means”という形です。

 

 

また、「人」と「目的/ある行動」つなぐものというのがmeansの根幹にあるイメージです。

 

「目的」と「人」の間をつなぐもの…それは「手段や方法」ですよね。

 

「生活」と「人」の間をつなぐもの…それは「収入や財産」ですよね。

 

 

 

「手段や方法」、「収入や財産」の意味で使われている例文はコチラです。

 

なお、「手段や方法」では単数・複数どちらの扱いにもなりますが、「収入や財産」の意味では常に複数扱いなので注意してください。

There is no means of contacting her.

There are no means of contacting her.

(彼女に連絡をする手段がない)

 

You must live within your means.

(君は収入の範囲内で生きねばならない)

 

定型表現例文

meansを使った主な定型表現を例文付きでまとめてみました。

 

meansを「目的や手段」の意味で捉えていくと、定型表現の意味を理解しやすいと思います。

 

 

「by means of~: ~によって(~という手段によって)」からです。

The family escaped by means of a secret tunnel.

(その家族は秘密のトンネルによって逃げた)

 

 

 

by all meansは、「全ての手段によって」というのが直訳ですね。

 

そこから、「①ぜひどうぞ/もちろん(= of course)、②まさにその通り、③絶対に、④必ず」と意味が派生していきます。①~③は”By all means”を単独で使用します。

“Can I ask you some questions?”

“By all means.”

(「いくつかお尋ねしてもよいですか?」「もちろん」)

 

“I think she is the right person for the post.”

“By all means.”

(「彼女がその地位に最適と思います」「まさに」)

 

“Can you come to the party?”

“By all means.”

(「パーティーに出るかい?」「絶対に出るよ」)

 

You should by all means bring it tomorrow.

(必ずそれを明日持ってきなさいよ)

 

 

 

by any meansは「①決して~しない(否定文で)、②どんなことをしても(疑問文)」という意味があります。

 

anyには「なんでも」という意味がありますが、それが否定されると「どんな手段によっても~ない⇒決して~しない」、疑問文なら「どんな手段によっても⇒どんなことをしても」という意味になるのですね。

 

こちらが例文です。否定文はby no meansでも書き換え可です。

She is not by any means stupid.

She is by no means stupid.

(彼女は決して愚かではない)

 

Do you want to work for the company by any means?

(どんなことをしてでもその会社で働きたいと思いますか?)

 

 

 

最後は「by fair means or foul: どんな手を使ってでも、手段を選ばず」です。fairは「公平な」、foulは「不正な」という意味です。スポーツなどの「ファール」のことです。

 

「公平/不正な手段によって⇒どんな手を使ってでも」という意味になるのですね。例文はコチラです。

You have to make money by fair means or foul.

(どんな手を使ってでも、お金を稼がなければいけない)

 

まとめ

いかがでしたか? 改めて全体像をまとめてみましょう。

 

 

ポイント

<meansの意味>

  • 手段、方法(単数/複数扱い)
  • 財産、収入(複数扱い)

★単数形/複数形とも”means”なので要注意

★「人」と「目的/ある行動」の間をつなぐモノというイメージがある

 

<meansを用いた定型表現>

  • by means of~: ~によって(~という手段によって)
  • by all means: ①ぜひどうぞ/もちろん(= of course)、②まさにその通り、③絶対に、④必ず※
  • by any means: ①決して~しない(否定文で)、②どんなことをしても(疑問文)
  • by fair means or foul: どんな手を使ってでも、手段を選ばず

※①~③ではby all meansを単独で使用する

 

 

イメージがわかると頭に残りやすいですね!

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント