YouTubeもやってます。Nの生声を聞きたい(?)方はぜひ!笑

YouTube

【必見!】他動詞と間違えやすい自動詞一覧【他動詞っぽい】

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は他動詞と間違えやすい自動詞をまとめてみたいと思います。

 

 

つまり、他動詞っぽいけど実は自動詞!

という動詞のコト?

 

その通り!

 

大学受験で出るパターンは限定的ですので、

これを機会に一気に網羅してしまいましょう!

 

間違えやすい自動詞一覧

他動詞?と思いきや実は自動詞という動詞は下記のとおりです。

 

 

実は自動詞!の一覧
  • apologize to A for B: AにBのことを謝る
  • arrive at A, arrive in A: Aに着く (中小規模の都市や狭い場所ならat, 大都市や広い場所ならinを使用)
  • attend to A: Aに耳を傾ける、注意を傾ける(自動詞だと「注意」の意味になる)
  • get to A: Aに到着する
  • graduate from A: Aを卒業する
  • object to A: Aに反対する
  • participate in A: Aに参加する
  • return to A: Aに戻る

 

 

全て後ろに前置詞がくるということをチェックしてくださいね!

 

なお、attendには他動詞としての用法もあり、その場合は「~に参加する」という意味になります。

 

同じ単語でも、自動詞/他動詞両方の意味を持つことがあるのですね。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

数は少ないので、これを機会に一気に覚えてしまいましょう!

 

 

また、よろしければ下記の記事もご覧ください。

自動詞っぽいけど実は他動詞!という動詞についてまとめてみました。

過去記事:自動詞と間違えやすい他動詞一覧【必見!】

 

 

それでは!

 


コメント