【品詞に注目】「概して」の使い分けまとめ【in general/as a whole…等の意味違い】

基本単語

 

今回は「概して」という意味を持つ表現をまとめてみました。

 

似たような意味になりますが、多少意味が異なります。

 

一体どのように違うのか? 一緒に確認していきましょう!

 

「概して」の使い分け

「概して」の使い分けは下記の通りです。

 

 

ポイント

<名詞の後ろで使用>

・as a whole

・at large

・in general (文修飾でも可)

 

<文全体を修飾して使用>

・by and large

・generally

・on the whole

・in general

 

 

 

大きな違いは、「名詞の後ろで使われるか」「文全体を修飾する形で使われるか」です。

 

例文

大きく二種類に分けたうえで、それぞれ例文を見ていきましょう。

 

まずは名詞の後ろで使用されるパターンです。修飾されている名詞は下線で示しています。

The results as a whole are good.

(結果は概して良い)

 

The people at large disagree with the plan.

(国民は概してその計画に反対している)

 

People in general are indifferent to politics.

(一般の人々は政治に無関心だ)

 

次に文修飾として使用されるパターンです。

By and large, the economy is improving.

(概して、経済は良くなっている)

 

The plan is generally accepted.

(その計画は一般に受け入れられている)

 

Generally speaking, men are stronger than women.

(一般的に言うと、男性は女性よりも強い)

 

On the whole, this project looks all right.

(概して言うと、このプロジェクトはうまくいっているようだ)

 

In general, he is an early riser.

(概して、彼は早起きだ)

 

 

これを機会に知識の整理に役立てたのであれば嬉しいです!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント