YouTubeもやっています!

【驚愕】at a distance/in the distance, for a moment/for the momentは全く違う意味になる⁈【その理由とは】

冠詞

 

今回はa/theで大きく意味が変わる表現を取り上げてみます。

 

  • at a/the distance
  • for a/the moment

 

上記は、aが使われるのか、theが使われるのかで、全く意味が異なる表現です。

 

 

一体どのような違いが生まれるのか? なぜそのような意味の違いが生まれるのか?

 

死ぬほどわかりやすく徹底解説してみました!

 

at a/the distance, for a/the momentの意味の違い

at a/the distance, for a/the momentの意味の違いは下記の通りです。

 

ポイント
  • at a distance: ちょっと離れたところで
  • in the distance: 遠いところで

 

  • for a moment: ちょっとの間
  • for the moment: 当面の間

 

 

ポイントは、

  • a ⇒「ちょっと」
  • the ⇒「指差せる距離/時間」

になっている点です。

 

 

どうしてこういう意味になるの?

以下で考えてみましょう。

 

意味の違いの理由

まずはaからいきましょう。

 

aは「一つ」という意味で訳されることからもわかる通り、元々の語源はoneです。one⇒an⇒aと変化して、aになったのですね。

 

※ここら辺の経緯は下記の記事で詳しく説明しています。

【英語の歴史】”an apple”となるのは、発音しやすいからではない?

 

 

 

「一つ」はとても少ない数ですよね。当たり前ですが、「二つ」や「三つ」に比べても少ない数、最も少ない数です。

※「小数点以下の数字やマイナスはどうなんだ!」という野暮なツッコミはしないように

 

 

このことから、aは「一つ」⇒「ちょっと」という意味を持つようになったのですね。

 

そのため、

  • at a distance: ちょっと離れたところで
  • for a moment: ちょっとの間

という意味になっているのです。(ちなみに、distanceの場合は距離が小さいので、点を指すイメージの前置詞atが使われていますね)

 

 

 

 

一方のtheは「その」という意味からもわかる通り、みんなが指させるものに使われる単語です。

※theの詳しいイメージは下記の記事を読めばかなり詳しく&わかりやすく理解できます。

【超決定版】theの意味・使い方まとめ

 

 

「距離があるなあ」とみんなが指させる距離について話をするとき、日本語でも「距離が離れている」という意味で使われていますよね。

 

また、時間に関して指差せるものと言えば、「目の前に流れている時間」ですよね。

 

以上のことから、

  • in the distance: 遠いところで
  • for the moment: 当面の間

という意味になっているのです。(ちなみに、distanceの場合は距離が大きいので、atではなく、空間を包み込むイメージの前置詞inが使われていますね)

 

 

こんな風に、単語ごとに分解していくと意味がスッと頭に入ってきますね!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
冠詞基本単語基本表現・語源英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント