【複数形/三人称単数】s/esのスペルの法則を徹底的解説

名詞

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は名詞の複数形/動詞の三人称単数のスペル(つづり)について解説してみました。

 

 

語尾がsになったり、

esになったり、よくわからない…

 

という方は必見です。

 

一発でわかるよう、徹底解説いたします!

 

通常パターン

まずは通常パターンから。

 

基本的に、語尾にsを付けるのでしたね。

 

 

具体例はこんな感じです。

  • book → books
  • cat → cats
  • house → houses
  • eat → eats

 

 

ここら辺は余裕かな。

 

 

いいですね!

 

次は例外を見ていきましょう。

 

語尾がs, o, x, sh, chのパターン

最初の例外は、語尾がs, o, x, sh, chのときです。

 

このとき、語尾にはesがつきます。

 

 

具体例はこんな感じです。

  • bus → buses
  • potato → potatoes
  • tax → taxes
  • push → pushes
  • church → churches

 

 

うーん、覚えるのがちょっとキツイ…

 

 

そんな方は、

ソックスシチュー (s, o, x, sh, ch)

という語呂合わせを使って覚えてくださいね!

 

結構よくできていると思います。

 

註:pianosやphotos, radiosのように一部例外も存在します。ただ、これらは全て略語だという共通点があります。もともとはpianoforte, photograph, radiotelegraphyという単語なのですね。

 

語尾が子音字+yのパターン

次は、語尾が子音字+yのパターンです。

 

子音字ってなに?

 

要するに、子音の文字ってコトです。

k, p, r, s, t…などです。

 

 

具体例はこんな感じです。

  • story → stories
  • activity → activities
  • study → studies

 

 

語尾がyならこうなるってコトか…

 

よーく読んでください!

子音字+yのときだけです。

 

つまり、母音字+yのときは上記の法則は当てはまりません。

(母音字はa, e, i, o, uです)

 

 

つまり、

  • key → keys
  • toy → toys
  • play → plays

となるわけですね。

 

語尾がf, feのパターン

ラストは、語尾がf, feのパターンです。

 

このときは、f, feをvesに変えます。

 

 

具体例はこんな感じです。

  • leaf → leaves
  • wife → wives

 

まとめ

いかがでしたか? 最後に上記のパターンをまとめてみましょう。

 

ポイント
  • 通常 ⇒ -s
  • s, o, x, sh, ch ⇒ -es
  • 子音字+y ⇒ -ies(yをiに変える)
  • f, fe ⇒ -ves

 

 

なお、下記のs/esの発音は全て異なります。

  • caps /s/ (ス)
  • dogs /z/ (ズ)
  • buses /iz/(イズ)

 

発音にも実は法則があります。発音の法則は下記の記事でわかりやすくまとめてみたので、よろしければ一緒にお読みくださいね。

【超シンプル】「複数形/3人称単数 s/es の発音」法則とは?

 

 

 

ちょっとした知識ですけれど、知っていると複数形を覚えるのがだいぶ楽になりますね!

ぜひ今後の学習に役立ててください。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
名詞 文型(動詞・助動詞・受動態) 発音 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考:【名詞複数形】どんなときにs, esになる?【スペルの法則を徹底的解説】 […]

  2. […] 【複数形/三人称単数】s/esのスペルの法則を徹底的解説 […]