【一発でわかる】none other than/no 名詞 other thanの意味・用法・言い換え表現

比較

 

今回はnone other thanという表現を紹介したいと思います。

 

一体どのような意味・用法なのか? また、言い換え表現にはどんなものがあるのか?

 

例文付きでサクッとまとめていきたいと思います。

 

no other thanの意味・用法・言い換え表現

no other thanの意味・用法・言い換え表現は下記の通りです。

 

 

ポイント

・none other than~: 他ならぬ~、~に他ならない

 = the very~

 

・no 名詞 other than~: ~以外何の名詞もない

 

 

other thanには「~以外」という意味があります。

 

noneは「どれもない、誰もない」という意味の単語なので、

「~以外のどれでもない ⇒他ならぬ~」という意味になるのですね。

 

これはthe very「まさに~」で書き換えることも可能です。

 

 

一方のno 名詞 other thanも同様です。other thanが「~以外」の意味で使われていますね。

 

 

例文付きで見ていきましょう。

 

例文

例文はコチラです。

 

まずはnone other thanからです。the very 名詞で言い換えることが出来ます。

The man was none other than the teacher I was looking for.

= The man was the very teacher I was looking for.

(その男はわたしが探していた先生に他ならなかった)

 

 

次にno 名詞 other thanです。

She has no shoes other than what she is wearing now.

(彼女は、彼女がいま履いているもの以外に靴を持っていない)

 

 

頭で理解したら、音読を10回ほどしてみましょう。記憶に残りやすくなりますよ!

 

さらに、頭に入りにくい表現は、レアジョブ英会話オンライン英会話)を試してみても良いかもしれません。実際の会話で使った表現は強く記憶に残るので、二度と忘れることはなくなりますよ。

 

25分のレッスンを200円弱で受けられ、品質もしっかりとしているので、個人的には結構オススメです。初回レッスンは無料なので、試しに受けてみても良いと思います。



 

それでは!

 

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
比較英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント