【意外と知らない】It is that / It is not that / Not thatの意味と用法とは

基本表現・語源

 

今回はIt is that / It is not that / Not thatの訳し方を解説してみたいと思います。

 

意外と知っていそうで知らないこの表現。

 

今回はその訳し方をサクッと解説したいと思います!

 

It is that / It is not that / Not thatの訳し方まとめ

It is that / It is not that / Not thatの訳し方のまとめです。

 

ポイント
  • It is that SV-: SV-ということだ
  • It is not that SV-: (だからといって)SV-ということではない

= Not that SV-: (だからといって)SV-ということではない

 

ポイントは、itが形式主語 (仮主語)になっている点です。that SV-のカタマリがItに代入されるような形で働いています。

 

 

例文で見てみましょう。まずはIt is that SV-から。Itにthat以下の内容が入ってくるので、頭の中では”That he doesn’t like her.”に近い意味として捉えてくださいね。

He did not gave her a present. It is that he doesn’t like her.
(彼は彼女にプレゼントをあげなかった。彼は彼女が好きではないというコトだ)

 

 

次にIt is not that SV- / Not that SV-です。It is not that SV-から、形式主語のItが消えたのがNot that SV-と考えてください。

He gave her a present. It is not that he likes her.
(彼は彼女にプレゼントをあげた。(だからといって)彼は彼女が好きだというわけではない)

 

He gave her a present. Not that he likes her.
(彼は彼女にプレゼントをあげた。(だからといって)彼は彼女が好きだというわけではない)

 

おわりに

いかがでしたか。

 

ちょくちょく見かける表現ですが、見落としがちな表現なので、これを機会にしっかりチェックできたのであれば幸いです。

 

引き続き当ブログをよろしくお願いします!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本表現・語源 接続詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント