【意外と知らない】It is that / It is not that / Not thatの意味と用法とは

基本表現・語源

 

今回はIt is that / It is not that / Not thatの訳し方を解説してみたいと思います。

 

意外と知っていそうで知らないこの表現。

 

今回はその訳し方をサクッと解説したいと思います!

 

It is that / It is not that / Not thatの訳し方まとめ

It is that / It is not that / Not thatの訳し方のまとめです。

 

ポイント
  • It is that SV-: SV-ということだ
  • It is not that SV-: (だからといって)SV-ということではない

= Not that SV-: (だからといって)SV-ということではない

 

ポイントは、itが形式主語 (仮主語)になっている点です。that SV-のカタマリがItに代入されるような形で働いています。

 

 

例文で見てみましょう。まずはIt is that SV-から。Itにthat以下の内容が入ってくるので、頭の中では”That he doesn’t like her.”に近い意味として捉えてくださいね。

He did not gave her a present. It is that he doesn’t like her.
(彼は彼女にプレゼントをあげなかった。彼は彼女が好きではないというコトだ)

 

 

次にIt is not that SV- / Not that SV-です。It is not that SV-から、形式主語のItが消えたのがNot that SV-と考えてください。

He gave her a present. It is not that he likes her.
(彼は彼女にプレゼントをあげた。(だからといって)彼は彼女が好きだというわけではない)

 

He gave her a present. Not that he likes her.
(彼は彼女にプレゼントをあげた。(だからといって)彼は彼女が好きだというわけではない)

 

おわりに

いかがでしたか。

 

ちょくちょく見かける表現ですが、見落としがちな表現なので、これを機会にしっかりチェックできたのであれば幸いです。

 

引き続き当ブログをよろしくお願いします!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本表現・語源接続詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント