【要注意】”didn’t need to”と”need not have Vp.p.”の違い【する必要はなかった】

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

今回は“didn’t need to”と”need not have Vp.p.”の違いについて説明してみたいと思います。

 

両者はよく

  • didn’t need to:~する必要はなかった
  • need not have Vp.p.:~する必要はなかったのに

と和訳されますが、表面的な日本語以上の違いが両者にはあります。

 

一体何が違うのか? わかりやすくサクッと説明してみました。

 

“didn’t need to”と”need not have Vp.p.”の違い

“didn’t need to”と”need not have Vp.p.”の違いは下記の通りです。

 

ポイント
  • didn’t need to:~する必要はなかった ⇒実際にその行為をしたかどうかは不明
  • need not have Vp.p.:~する必要はなかったのに ⇒実際にその行為をした

 

 

実際の例文付きで見ていきましょう。

You didn’t need to do your homework.

(君は宿題をする必要はなかった)

 

You need not have done your homework.

(君は宿題をする必要はなかったのに)

 

 

didn’t need toは単に「宿題をする必要はなかった」と言っているだけで、「あなた」が実際に宿題をしたかどうかは不明です。

 

一方、need not have Vp.p.は「宿題をする必要はなかったのに」と言っており、「あなた」は実際は宿題をしてしまっているのですね。つまり、過去の現実に反する話をしているのです。

 

 

日本語だけ見ていると一見細かい違いですが、実はかなり大きな差異があるのですね。間違いやすい点なので、これを機会にぜひチェックしてくださいね!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
文型(動詞・助動詞・受動態) 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント