YouTubeもやっています!

【要注意】”didn’t need to”と”need not have Vp.p.”の違い【する必要はなかった】

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

今回は“didn’t need to”と”need not have Vp.p.”の違いについて説明してみたいと思います。

 

両者はよく

  • didn’t need to:~する必要はなかった
  • need not have Vp.p.:~する必要はなかったのに

と和訳されますが、表面的な日本語以上の違いが両者にはあります。

 

一体何が違うのか? わかりやすくサクッと説明してみました。

 

“didn’t need to”と”need not have Vp.p.”の違い

“didn’t need to”と”need not have Vp.p.”の違いは下記の通りです。

 

ポイント
  • didn’t need to:~する必要はなかった ⇒実際にその行為をしたかどうかは不明
  • need not have Vp.p.:~する必要はなかったのに ⇒実際にその行為をした

 

 

実際の例文付きで見ていきましょう。

You didn’t need to do your homework.

(君は宿題をする必要はなかった)

 

You need not have done your homework.

(君は宿題をする必要はなかったのに)

 

 

didn’t need toは単に「宿題をする必要はなかった」と言っているだけで、「あなた」が実際に宿題をしたかどうかは不明です。

 

一方、need not have Vp.p.は「宿題をする必要はなかったのに」と言っており、「あなた」は実際は宿題をしてしまっているのですね。つまり、過去の現実に反する話をしているのです。

 

 

日本語だけ見ていると一見細かい違いですが、実はかなり大きな差異があるのですね。間違いやすい点なので、これを機会にぜひチェックしてくださいね!

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

文型(動詞・助動詞・受動態)英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント