【3分で理解!】until SVとby the time SVの違い、untilの特別な用法とは?

接続詞

 

今回は下記の二つを詳しく説明したいと思います。

①until SVとby the time SVの違い

②~, until SVのパターンの訳し方

 

 

3分程度でサクッと読めますよ!

【東大OB&現役講師が解説】untilとby the timeの違いとは【一瞬でわかる】

until SVとby the time SVの違い

まずはuntil SVとby the time SVの違いからまとめてみましょう。

 

 

ポイント
  • until SV: SVするまでずっと(継続
  • by the time SV: SVするとき(期限

※untilの代わりにtillを使ってもOK

 

 

untilとby the timeのイメージの違いは下記の通りです。

 

 

untilが「物事の継続性」に焦点を当てているのに対し、

by the timeは「物事の期限 (=終わりの部分)」に焦点を当てているのですね。

 

 

このことを意識し、次の例文をチェックしてください。

 

まずはuntilです。「わたしが大人になるまでずっと」と物事の継続性に焦点を当てていますね。

I have to keep on studying until I grow up.

わたしは大人になるまでずっと、勉強し続けねばならない)

 

 

次にby the timeです。「わたしが大人になる」という期限 (=終わりの部分)に焦点を当てていますね。

I think we will travel in space by the time I grow up.

(わたしが大人になるまでには、わたしたちが宇宙旅行をするようになっているだろうと思います)

 

~, until SVの訳し方

~, until SVの訳し方もチェックしておきましょう。

 

 

ポイント
  • ~, until SV: ~、そしてついにSV

※この用法でtillを使うことは少ないです

 

 

コチラが例文です。

He ran and ran, until he came to a small village.

(彼は走りに走り、そしてついに小さな村に来た)

 

 

~until SVの前にカンマがない場合は、「SVまでずっと~だ」のように、untilのカタマリから訳すのです。

 

一方、今回のようにカンマがある場合は、文頭から訳していき、untilのカタマリは後で訳すのですね。

 

ただ、訳す順番に関係なく、「着くまでずっと、走った=走った、そしてついに着いた」なので、言っているコトはほぼ同じですね。

 

 

 

untilとby the timeの違い、~, until SVの訳は入試などでも頻出事項です。ライバルにグッと差を付けられるので、ぜひこれを機会に覚えてください!

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント

  1. […] 事(【3分で理解!】until SVとby the time SVの違い、untilの特別な用法とは?)で詳しく解説しています。 […]