【助動詞】have had to V / have to have Vp.p.の意味の違い【have to完了形】

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

今回はhave toが完了形と結びついた場合についてまとめてみました。

 

have had to Vp.p. / have to have Vp.p.と大きく2種類ありますが、ハッキリ言ってとても紛らわしいです。

 

今回はこれについてサクッとまとめてみました!

 

have had to V / have to have Vp.p.の意味の違い

have had to V / have to have Vp.p.の意味の違いは下記の通りです。

 

ポイント
  • have had to V : Vせねばならなかった
  • have to have Vp.p. : Vだったに違いない(=must have Vp.p.)

※太字部分がhave to

 

 

have to Vには

  • Vしなければいけない(義務)
  • Vに違いない(推量)

と大きく2種類の意味がありますが、それがそれぞれ完了形のhaveと結びついているのですね。

 

 

まず

  • have had to V : Vせねばならなかった

ですが、これは完了形のhaveが先に来て、”have Vp.p.”という形になっています。

 

そのため「~だった」という日本語訳になっているのですね。

 

 

一方の

  • have to have Vp.p. : Vだったに違いない

ですが、これはhave toの部分が現在形のままです。

 

そのため「~に違いない」という現在のことを推量する日本語訳になっているのですね。

 

 

なお、こちらの表現は「must have Vp.p. : Vだったに違いない」という表現で置き換え可能です。(こちらの方が普通です)

 

mustは現在形しか持たないのですが、have to have Vp.p.は「~に違いない」と、過去の事柄を現在推量しているので、must have Vp.p.で書き換えが可能なのですね。

 

例文(have had to V / have to have Vp.p.)

例文はコチラです。

 

まずはhave had toからです。

They have had to wait for a long time.

(彼らは長いこと待たねばならなかった)

 

次にhave to have Vp.p.です。

This has to have been a weapon.

(これは武器だったに違いない)

 

 

紛らわしいですが、何度か音読してガチっと身につけてしまいましょうね。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
文型(動詞・助動詞・受動態) 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント