【不定詞と動名詞】to VとVingの否定not/意味上の主語/過去への時制のずらし方まとめ

準動詞

 

今回は不定詞to Vと動名詞Vingの 否定/意味上の主語/過去への時制のずらし方を学びましょう。

 

知らないと全く訳せない形ですが、実際の英文ではよく見る形です。

 

これさえできれば不定詞、動名詞の和訳で引っ掛かることはほぼなくなるので、さらっと一緒に確認していきましょう!

 

不定詞と動名詞の否定/意味上の主語/過去への時制のずらし方まとめ

不定詞と動名詞の否定/意味上の主語/過去への時制のずらし方まとめです。

 

 

 

ポイント
<否定>

not to V

not Ving

※副詞用法の目的では、be careful not to Vやtake care not to Vといった限られた表現を除き、not to Vにはならない。in order not to V/so as not to Vの形を使用

 

<意味上の主語>

for 人 to V

目的格/所有格 Ving

 

<過去への時制のずらし方>

・to have Vp.p.

having Vp.p.

 

<応用編:否定/意味上の主語/時制のずらし方がセットになる場合>

・for 人 not to have Vp.p.

・目的格/所有格 not having Vp.p.

 

 

具体的なポイントは一つずつ見ていきましょう。

 

否定

否定からいきましょう。

 

notは、

不定詞to Vを否定する場合はto Vの直前

動名詞Vingを否定する場合はVingの直前に置きます。

 

 

つまり、not to V、not Vingとなるわけですね。

I decided not to go outdoors.

(わたしは外へ出ないことを決めた)

 

I insisted on not going outdoors.

(私は外へ出ないことを主張した)

 

 

なお、不定詞の副詞用法に「Vするために/Vするよう」という意味がありますが、これはcareful/take careとセットで使われる場合を除き、一般的にはnot to Vにはなりません。

 

「Vするために」を「Vしないために」と否定にするためには、in order to V/so as to Vといった表現にnotを組み合わせることになります。

 

Be careful not to catch a cold.

Take care not to catch a cold.

(風邪にかからないよう気をつけて)

 

He just stayed home in order not to catch a cold.

He just stayed home so as not to catch a cold.

(彼は風邪にかからないよう家にいた)

 

意味上の主語

意味上の主語です。

 

 

意味上の主語を作る場合は、

for 人 to V

目的格/所有格 Ving

という形を作ります。

 

こうすることによって、

人がto Vする

目的格/所有格がVingする

のように、不定詞や動名詞の主語を作ることが出来ます。

 

It is impossible for him to stay home.

(彼が家にいることは不可能だ)

 

He insisted on my staying home.

He insisted on me staying home.

(彼は、わたしが家にいることを主張した)

 

 

なお、不定詞to Vの意味上の主語はofで表現される場合もあります。ofとforの違いについては下記の記事で3分程度で確認できます。よろしければぜひ。

【決定版】It is ~ of 人 to V/ It is ~ for 人 to Vの使い分け

 

過去へのずらし方

過去へのずらし方です。

 

不定詞や動名詞の部分の表現を過去へずらす場合、

・to have Vp.p.

having Vp.p.

とします。

 

 

I am sorry to have kept you waiting.

(待たせてごめんなさい =わたしがあなたを待たせたことをすまなく思う)

 

I am sorry for having been late for the meeting.

(ミーティングに遅れてしまいごめんなさい =わたしがミーティングに遅れたことを済まなく思う)

 

応用編:否定/意味上の主語/過去がセットの場合

応用編として、否定/意味上の主語/過去がセットで使われる場合を見てみましょう。

 

この場合は、下記のような語順になります。

・不定詞:for 人 not to have Vp.p.

・動名詞:目的格/所有格 not having Vp.p.

 

 

It is natural for me not to have going there.

(わたしがそこへ行かなかったのは自然だ)

 

He insisted on me not having going there.

He insisted on my not having going there.

(彼は、わたしがそこへ行かなかったと主張した)

 

まとめ

いかがでしたか? 改めてまとめを載せておきます。

 

 

ポイント
<否定>

not to V

not Ving

※副詞用法の目的では、be careful not to Vやtake care not to Vといった限られた表現を除き、not to Vにはならない。in order not to V/so as not to Vの形を使用

 

<意味上の主語>

for 人 to V

目的格/所有格 Ving

 

<過去への時制のずらし方>

・to have Vp.p.

having Vp.p.

 

<応用編:否定/意味上の主語/時制のずらし方がセットになる場合>

・for 人 not to have Vp.p.

・目的格/所有格 not having Vp.p.

 

 

これさえ理解できていれば不定詞と動名詞の理解のレベルが一段アップするので、ぜひ何度か繰り返し読んでみてくださいね。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
準動詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【不定詞と動名詞】意味上の主語等まとめ […]