【超わかる】mayが「祈願(しますように)」の意味を持つ理由とは【倒置の理由も】

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

今回はmayが「祈願(しますように)」の意味を持つ理由について説明したいと思います。さらに、倒置が起こる理由もわかりやすく解説しています。

 

スターウォーズの“May the Force be with you! (フォースと共にあらんことを)”でも使われている表現ですが、記事を読めば文法的な構造もマルっと理解することが出来ます。

 

記事は3分程度でサクッと読めますよ!

 

may「祈願(しますように)」の意味を持つ理由 & 倒置する理由

may「祈願(しますように)」の意味を持つ理由 & 倒置する理由は下記の通りです。

 

 

ポイント

<祈願の意味になる理由>

  • mayは上から目線で「してもよい」と許可を与える表現
  • そこから、神に対して許しを請うイメージにつながっていく

 

<倒置する理由>

  • 感情を込めているため

 

 

祈願の意味になる理由から見ていきましょう。mayは上から目線で「してもよい」と、相手に許可をイメージのある単語です。

 

※mayが持つ詳しいイメージは下記の記事で紹介しています。図入りでわかりやすく&サクッと理解できるのでおススメです。

【イメージでわかる】may not must notの違いとは【してはいけない】

 

 

 

神様に対して「してもよろしいでしょうか」とお伺いを立てれば…そうです。

 

「〇〇になりますように」とお祈りをするイメージにつながっていきますね。

 

 

さらに、倒置が起きている理由です。

 

これは感情が込められているためです。感情が込められる場合、文が倒置することがあるのですね。

 

例文

以上を踏まえたうえで例文を見ていきましょう。全て倒置している点に注目です。なお、感嘆符(!)は付けても付けなくても良いです。

 

 

まずはスターウォーズのセリフから。the Forceが主語で、may beが動詞のカタマリです。mayが倒置して文頭に出ています。

May the Force be with you!

(フォースと共にあらんことを =フォースがあなたと一緒にありますように)

 

町中にたまに貼ってある文句です。田舎の住宅街に多い気がします。peaceが主語で、動詞がmay prevailですね。mayが前に出ています。

May peace prevail on earth.

(世界が平和でありますように =平和が地球上に普及しますように)

 

 

みなさまの長年の疑問が解けたのであれば幸いです。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント

  1. […] 【超わかる】mayが「祈願(しますように)」の意味を持つ理由とは【倒置の理由も】 […]