【決定版】there構文7選・意味まとめ【there live, there lie他】

英文法

 

今回はthere構文についてまとめたいと思います。

 

“There is a cat.”ってやつ?

楽勝じゃない?

 

 

there構文はそれだけではありません。

  • There lived an old man.
  • I don’t want there to be any misunderstanding.
  • There is somebody waiting for you at the door.

 

など、様々なパターンがあるのですね。

 

初見で訳すのは難しいので、今回まとめてチェックしてしまいましょう!

 

there構文7選! その意味とは?

まずは全体像から見ていきましょう。

 

 

there構文まとめ
  1. there is A: Aがいる/ある
  2. there live A: Aが住んでいる
  3. there seem/appear to be A: Aがあるように思える
  4. want (for) there to be A: Aがあってほしい
  5. there is A Ving / there is A Vp.p.: VしているA / VされているA
  6. there is no Ving: Vできない
  7. there is a rumor that SV-: SV-という噂だ

 

 

 

多すぎる…

 

それぞれのパターンを例文付きで詳しく見ていきましょう!

 

there is A: Aがいる/ある

「there is A: Aがいる/ある」のパターンです

 

これは比較的見慣れたパターンだと思います。

 

 

注意点は下記の通りです。

  • Aが単数形/不可算名詞の時はis、複数形の時はareを使用する。
  • thereを「そこ」とは訳さない (これは他のパターンでも同様)
  • 主語はAで、「Aが~」と訳す (これも他のパターンでも同様)

 

 

例文はコチラです。

There is an apple in the house. (家の中にリンゴが一つある)

There are apples in the house. (家の中にリンゴが複数ある)

There is furniture in the house. (家の中に家具*がある)

* furniture: 家具は不可算名詞なので、単数扱いです

 

there live A: Aが住んでいる

there live A: Aが住んでいるのパターンです。

 

 

注意点は下記の通りです。

  • 動詞の形はAの単複で決定
  • thereははっきりした意味を持たないので、訳さない
  • 主語はAの部分
  • liveの部分には、「存在」「出現」に相当する自動詞が代わりにくることもアリ
  • このパターンで否定文、疑問文は作れない

 

 

特に、liveの代わりに別の動詞がくる場合に注目です。

例文で見ていきましょう。

 

まずは「存在」に関する自動詞からです。

There lies a soldier. (兵士がいる)

There lived an old man. (年老いた男が住んでいた)

There grew the tree. (木が育った)

There stands a hill in the north of our city. (町の北に丘が位置している)

The war ended. There followed a long period of rebuilding. (長い再建期間が後に続いた)

There existed a gap between John and Bob. (ジョンとボブの間にはギャップが存在していた)

There remains much to be learned. (学ぶべきことが多く残っている)

 

 

次に「出現」に関する自動詞です。

There often appear words of praise for Bob. (しばしばボブへの称賛の言葉が現れる)

There arose the conflict over human rights. (人権に関する対立が起こった)

There lived an old man. (年老いた男が住んでいた)

There happened the incident. (事件が起こった)

 

there seem/appear to be A: Aがあるように思える

there seem/appear to be A: Aがあるように思えるのパターンです。

 

注意点は下記の通りです。

  • seem/appearの形は、Aの単複により決定
  • there seem/appear to have been A.で「Aがあったように思える」となる
  • seemやappearの代わりに、別の表現が使われることもある

 

 

例文を見ていきましょう。

There seems to be no one there. (そこには誰もいないように思われる)

There appear to be some mistakes. (いくつかの間違いがあるように思われる)

There seems to have been a little misunderstanding. (多少の誤解があったように思われる)

 

 

さらに、seemやappearの部分に別の表現がくるパターンもチェックしておきましょう。

  • there used to be A: かつてAがあった
  • there is likely to be A: Aがありそうだ
  • there is said to be A: Aがあると言われている
  • there is believed to be A: Aがあると信じられている

 

例文はコチラです。

There used to be a huge stadium. (巨大なスタジアムがかつてあった)

There is likely to be a considerable decline in the price of the cars. (車の価格に大きな下落がありそうだ)

There is said to be many tribes in the world. (世界には多くの部族があると言われている)

There is believed to be a spy among us. (我々の間にスパイがいると信じられている)

 

want (for) there to be A: Aがあってほしい

want (for) there to be A: Aがあってほしいのパターンです。

これはじゃっかんややこしいです。

 

注意点は下記の通りです。

  • まず、wantが「want O to V: OにVしてほしい」という形になっていることを押さえる※
  • つまり、”O = there”, “to V = to be”となっている
  • Oの部分は訳出せず、to beの部分だけ「ある、いる」と訳出する
  • その他、would like (wantの丁寧な表現)、expect (期待する)でも同様の形を取る

 

※want O to V型の動詞について詳しく知りたい方はコチラ

参考:【カンタン理解!】SVO to V型の動詞意味まとめ

 

 

例文はコチラです。

I don’t want there to be any misunderstanding. (どんな誤解もあって欲しくない)

I would like there to be no prejudice towards the LGBT people. (LGBTの人々への偏見があって欲しくない)

By the year 2030, we expect there to be 2.7 billion middle class consumers across the region. (2030年までには、我々はその地域に27億人の中流の消費者がいると予期する)

 

 

また、応用編として、

  • to Vと組み合わさった”it is 形容詞 for there to be A”
  • Vingと組み合わさった”there being A”

もチェックしておきましょう。

 

基本的には全て「~がある」と訳出すればうまくいきます。

 

※thereが意味上の主語として機能しているため、thereとto beの間に「主語」「動詞」の関係が成り立っているのです。詳しくは下記の記事をお読みください。

参考:【サクッと理解】不定詞toV / 動名詞Vingの「意味上の主語」とは?

 

 

例文はコチラです。

It is natural for there to be some problems. (何らかの問題があるのは当然だ)

No one would have dreamed of there being such a beautiful place. (誰も、そのような美しい場所があるとは夢見ていなかった)

 

there is A Ving / there is A Vp.p.: VしているA / VされているA

there is A Ving / there is A Vp.p.: VしているA / VされているAのパターンです。

 

注意点は下記の通りです。

  • Ving, Vp.p.がAを後ろから修飾

 

 

例文はコチラです。

There is somebody waiting for you.

(誰かがあなたを待っている ≒ あなたを待っている誰かがいる)

 

There is somebody left at the door.

(ドアに誰かが取り残されている ≒ ドアに取り残された誰かがいる)

 

there is no Ving: Vできない

there is no Ving: Vできないのパターンです。

 

これは定型表現として押さえてしまいましょう。注意点は下記の通りです。

  • 「there is no sense (point, use)  in Ving: Vしても無駄だ」となる。inは省略可能
  • 「there is no Ving: Vできない」となる。inがない点に注意

 

 

例文はコチラです。

 

まずは「there is no sense (point, use)  in Ving: Vしても無駄だ」からです。

There is no point in talking to you. (君に話しても無駄だ)

= There is no sense in talking to you.

= There is no use in talking to you.

= There is no good in talking to you.

 

次に「there is no Ving: Vできない」です。

There is no telling what may happen.

(何が起こるかわからない ≒ 何が起こるかを言うことはできない)

 

 

なお、コチラとの類似表現は、下記の記事にて詳しく説明しています。

参考:【一発理解!】”there is no Ving”と”it is no use Ving”の違い

 

there is a rumor that SV-: SV-という噂だ

ラストはthere is a rumor that SV-: SV-という噂だです。

 

これはそのまんまですが、敢えて注意点を挙げれば次の通りです。

  • 「rumor: 噂」という意味
  • thatは同格のthat
  • つまり、「SV-という噂がある」というのが直訳
  • その他の言い換え表現もチェックしておく

 

 

例文は下記の通りです。

There is a rumor that the minister will resign. (大臣が辞任するという噂だ)

= It is rumored that the minister will resign.

= The minister is rumored to resign.

= Rumor says that the minister will resign.

= Rumor has it that the minister will resign. *

 

* have it thatで「~だと言う」という意味になる。

Gossip has it that she is getting married.

(ゴシップは彼女が結婚する予定だと言っている)

 

 

様々なパターンがありますが、これを知っていればワンランク上の読解力が身につきますね!

 

※ちなみに、見落としがちなthere構文のルールは下記にまとめてあります。

【知らないとヤバい】There is the cat. / A cat is on the table.がおかしい理由

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【決定版】there構文7選・意味まとめ【there live, there lie他】 […]