【イメージでわかる】may not must notの違いとは【してはいけない】

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

今回はmay notとmust notの違いを説明したいと思います。

 

must notもmay notも「~してはいけない」という意味を持つのですが、一体どのような違いがあるのでしょう?

 

サクッと説明してみました!

 

may notとmust notの違い

may notとmust notの違いは下記の通りです。

 

 

ポイント
  • must not: 高圧的&主観的なイメージ
  • may not: 公に許可を与えないイメージ

 

 

肯定文だと、

  • must: ~しなければいけない
  • may: ~してもよい

という意味があります。

 

 

 

mustはとにかく高圧的、圧力を感じる表現です。

 

図で示すとこんな感じ。とにかくやれ、やりなさい。グイグイくる感じです。命令文との書き換えがしっくりきます。

 

 

このイメージはmust notでも同じです。高圧的にグイグイ迫り、とにかくダメ、ダメ、ダメ、ダメ! とぐいぐい押しまくる感じがあります。

 

 

 

一方のmayは上から目線で許可を与えるイメージです。立場が上の者が「してもよろしい」とそちらの方向を示すイメージなのですね。

※なので、mayにはお堅い感じが伴います。カジュアルに「してもいいよ」という場合にはcanが好まれます。

 

 

このイメージはmay notでも同じです。上から目線で許可を与えない感じがあります。つまり、公の禁止との相性がとても良いです。

 

 

以上のイメージを踏まえたうえで、例文を見ていきましょう。

 

例文

例文はコチラです。

 

ポイント
  • must not: 高圧的&主観的なイメージ
  • may not: 公に許可を与えないイメージ

 

must not

まずはmust notからです。強い圧力を感じつつ、例文を見てみましょう。

 

You must not open my drawer.

(わたしの引き出しを開けてはいけません)

 

You must not go there by yourself.

(そこへ一人で言ってはいけません)

 

may not

次にmay notです。上から目線の公の禁止を感じつつ、例文に目を通してみてください。

 

You may not sleep during the class.

(授業中寝てはいけません)

 

You may not smoke here.

(ここで煙草を吸ってはいけません)

 

 

助動詞は日本人にとって難関ポイントの一つですが、イメージと一緒に理解することでグッとわかりやすくなりますね!

 

 

なお、may「祈願 (してもよい)」の意味もこの延長線上で理解することが出来ます。よろしければ下記の記事も一緒にお読みくださいね。

【超わかる】mayが「祈願(しますように)」の意味を持つ理由とは【倒置の理由も】

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント

  1. […] 【イメージでわかる】may not must notの違いとは【してはいけない】 […]