【イメージでわかる】may not must notの違いとは【してはいけない】

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

今回はmay notとmust notの違いを説明したいと思います。

 

must notもmay notも「~してはいけない」という意味を持つのですが、一体どのような違いがあるのでしょう?

 

サクッと説明してみました!

 

may notとmust notの違い

may notとmust notの違いは下記の通りです。

 

 

ポイント
  • must not: 高圧的&主観的なイメージ
  • may not: 公に許可を与えないイメージ

 

 

肯定文だと、

  • must: ~しなければいけない
  • may: ~してもよい

という意味があります。

 

 

 

mustはとにかく高圧的、圧力を感じる表現です。

 

図で示すとこんな感じ。とにかくやれ、やりなさい。グイグイくる感じです。命令文との書き換えがしっくりきます。

 

 

このイメージはmust notでも同じです。高圧的にグイグイ迫り、とにかくダメ、ダメ、ダメ、ダメ! とぐいぐい押しまくる感じがあります。

 

 

 

一方のmayは上から目線で許可を与えるイメージです。立場が上の者が「してもよろしい」とそちらの方向を示すイメージなのですね。

※なので、mayにはお堅い感じが伴います。カジュアルに「してもいいよ」という場合にはcanが好まれます。

 

 

このイメージはmay notでも同じです。上から目線で許可を与えない感じがあります。つまり、公の禁止との相性がとても良いです。

 

 

以上のイメージを踏まえたうえで、例文を見ていきましょう。

 

例文

例文はコチラです。

 

ポイント
  • must not: 高圧的&主観的なイメージ
  • may not: 公に許可を与えないイメージ

 

must not

まずはmust notからです。強い圧力を感じつつ、例文を見てみましょう。

 

You must not open my drawer.

(わたしの引き出しを開けてはいけません)

 

You must not go there by yourself.

(そこへ一人で言ってはいけません)

 

may not

次にmay notです。上から目線の公の禁止を感じつつ、例文に目を通してみてください。

 

You may not sleep during the class.

(授業中寝てはいけません)

 

You may not smoke here.

(ここで煙草を吸ってはいけません)

 

 

助動詞は日本人にとって難関ポイントの一つですが、イメージと一緒に理解することでグッとわかりやすくなりますね!

 

 

なお、may「祈願 (してもよい)」の意味もこの延長線上で理解することが出来ます。よろしければ下記の記事も一緒にお読みくださいね。

【超わかる】mayが「祈願(しますように)」の意味を持つ理由とは【倒置の理由も】

 

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
文型(動詞・助動詞・受動態)英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【イメージでわかる】may not must notの違いとは【してはいけない】 […]