【イメージで理解】see/meet/encounter「会う」の意味・用法の違いとは

基本単語

 

今回はsee/meet/encounterの意味・用法の違いをまとめてみたいと思います。

 

全て「会う」という意味を持ちますが、細かい意味が少しずつ違うのですね。

 

 

たとえば、

  • Nice to meet you.
  • Nice to see you.

はどのように意味が異なるのでしょうか?

 

 

この記事を読めば、「会う」に関しては単語のチョイスに迷うことがなくなりますよ!

 

see/meet/encounterの意味・用法まとめ

まずはsee/meet/encounterの意味・用法まとめから。それぞれ下記のような違いがあります。

 

ポイント
  • meet: 初対面 / お互いが近づく
  • see: 二度目以降 / 一方的に近づく
  • encounter: 偶然出会う、困難などに直面する(固いイメージの単語)

 

もう少し具体的に見ていきましょう。

 

meetとseeの違い

基本単語&よく使われるということもあり、まずはmeetとseeの違いを押さえるのが良いでしょう。両者の違いは大きく二つあります。

 

 

まず、一つ目の違いは「meet: 初対面」「see: 二度目以降」というものです。

 

つまり、Nice to meet you.とNice to see you.には下記のような意味の違いが出てきます。

  • Nice to meet you. ⇒あなたに初めて会えて素敵です =はじめまして
  • Nice to see you. ⇒あなたにまた会えて素敵です =またお会い出来て嬉しい

 

 

そして、二つ目の違いは「meet: お互いが近づく」「see: 一方的に近づく」というものです。イメージ図は下記の通りです。

 

 

 

meetとseeの違いは、いくつか例文を見てみるとさらに理解が深まるでしょう。

 

meetの例文です。お互いが一つの場所に近づいてきているイメージをつかんでください。

  • I am going to meet him at the station. (彼に駅で会う予定です)
  • I met him on the bus. (彼にバスで偶然会った)

 

 

seeの例文です。一方的に相手の所へ向かっているイメージをつかんでください。

  • I am going to see a doctor. (医者に診てもらう予定だ ≒医者に会いに行く予定だ)
  • I saw him on the bus. (彼のことをバスで見かけた ≒彼がいるところに、こちらから向かっていったイメージ。彼の姿を一方的に見ただけ)

 

※meet/seeとも、偶然会う場合にも予定して会う場合にも使われます。

 

encounter

encounterはやや固いイメージの伴う語です。「偶然出会う」「困難などに直面する」の意味で使われます。

 

 

encounterの例文はコチラです。

  • I encountered an old friend of mine. (昔の友達に偶然出会った)
  • I encountered many difficulties. (たくさんの困難に直面した)

 

まとめ

いかがでしたか? 改めてまとめを再掲します。

 

ポイント
  • meet: 初対面 / お互いが近づく
  • see: 二度目以降 / 一方的に近づく
  • encounter: 偶然出会う、困難などに直面する(固いイメージの単語)

 

 

理解をしたら、何度か音読をして、身体で覚えてしまいましょうね。それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント