【イメージで理解】get/become/go/come/turn/fall「~になる」の意味・用法の違いとは

基本単語

 

今回はget/become/go/come/turn/fallの意味・用法の違いをまとめてみたいと思います。

 

全て「~になる」という意味を持ちますが、実はかなり違うのですね。

 

今回の記事では、その違いを徹底的にわかりやすく解説してみたいと思います。

 

get/become/go/come/turn/fallの意味・用法まとめ

まずはget/become/go/come/turn/fallの意味・用法まとめから。それぞれ下記のような違いがあります。

 

「~になる」各単語の違い
  • get: 比較的早い変化
  • become: 比較的ゆっくりした変化

 

  • go: 悪い変化(離れるイメージ)
  • come: 良い変化(近づくイメージ)

 

  • turn: ガラッとした変化(くるりと回るイメージ)

 

  • fall: 急な変化(「急転直下」と似た語感)

 

 

特に、get/becomeとgo/comeはそれぞれセットで考えると良いです。

 

具体的な例文と一緒に見ていきましょう。

 

get: 比較的早い変化、become: 比較的遅い変化

まずはgetとbecomeから。

 

どちらも「~になる」という意味になりますが、両者には下記のような違いがあります。

  • get: 比較的早い変化
  • become: 比較的遅い変化

※どちらも使える表現も多々あります。あえて違いを挙げるとすれば、上記のような違いが出るということです。

 

 

例文で見てきましょう。

 

getです。全て比較的短期間の変化であることを感じてください。

It gets cold in winter.

(冬には寒くなる)

 

It is getting dark.

(暗くなりつつある)

 

The situation is getting worse.

(状況は悪くなっている)

 

 

一方で、becomeには比較的長期間の変化を感じてください。

I want to become a doctor.

(わたしは医者になりたい)

 

She became famous.

(彼女は有名になった)

 

go: 悪い変化(離れるイメージ)、come: 良い変化(近づくイメージ)

次にgoとcomeです。

 

この二つには下記のような違いがあります。この違いはかなり明確です。

  • go: 悪い変化(離れるイメージ)
  • come: 良い変化(近づくイメージ)

 

 

どうしてこういう違いが出るの

 

 

goには「行く」、comeには「来る」という意味がありますよね。

 

こういった意味から分かる通り、

goは「ある場所から離れていくイメージ」、

comeは「ある場所へ近づくイメージ」があるのです。

 

 

つまり、

  • go: 離れる ⇒ネガティブな変化
  • come: 近づく ⇒ポジティブな変化

と捉えているわけですね。

 

 

例文はコチラです。

 

まずはgoです。全て悪い変化である点に注目です。

Milk goes bad soon.

(牛乳はすぐに悪くなる)

 

The tea went cold.

(その紅茶は冷たくなってしまった)

 

The company went bankrupt.

(その会社は破産した =破産するという状態になった)

 

 

次にcomeです。良い変化である点に注目です。

His dream came true.

(彼の夢は叶った =彼の夢は本当になった)

 

turn: ガラッとした変化(くるりと回るイメージ)

turnです。

 

turnには「回る」という意味合いがありますが、

そこからもわかる通り、「クルっと変わる⇒ガラッと変わる」というイメージが伴います。

 

 

例文はコチラです。ガラッと変わるイメージを感じてくださいね。

The leaves turned red.

(葉は赤くなった =緑や黄色の葉がガラッと変わるイメージ)

 

He turned pale.

(彼は青ざめた =通常の顔色から、青ざめた様子にガラッと変わるイメージ)

The weather has turned cold.

(天気は寒くなった =温暖な状態から、寒冷な状態にガラッと変わるイメージ)

 

fall: 急な変化(「急転直下」と同じイメージ)

fallは「急な変化」を表します。

 

fallの元々の意味は「落ちる」ですが、ある状態からストンと別の状態に変わるイメージですね。

 

「急転直下」という日本語と語感は似ています。

 

 

例文はコチラです。「急な変化」のイメージを感じてください。

He fell asleep.

(彼は寝た =寝るという状態になった)

※日本語でも「寝落ちした」と言いますね

 

He fell ill.

(彼は病気になった)

※becomeやgetを使用してもOK

 

He fell silent.

(彼は静かになった)

 

まとめ

いかがでしたか? 確認のため、改めてまとめを再掲します。

 

 

「~になる」各単語の違い
  • get: 比較的早い変化
  • become: 比較的ゆっくりした変化

 

  • go: 悪い変化(離れるイメージ)
  • come: 良い変化(近づくイメージ)

 

  • turn: ガラッとした変化(くるりと回るイメージ)

 

  • fall: 急な変化(「急転直下」と似た語感)

 

 

頭で理解したら、あとは何度も音読をして、感覚として身につけましょう!

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本単語基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【イメージで理解】get/become/go/come/turn/fall「~になる」の意味・用法の違いとは […]