【違いとは?】no more than / no less than / not more than / not less than 意味まとめ

比較

こんにちは、講師のNです。

 

今回はコチラの表現の違いを紹介したいと思います。

no more than / no less than / not more than / not less than

 

全部同じに見える…

 

大丈夫!

 

イメージで考えていけば、一発で理解でき、しかも絶対忘れません。

 

全体像

まずは全体像を示します。それぞれの単語の意味は次の通り。

 

意味まとめ
  • no more than:たったの~ (=only) ←「上回らないのか…」という主観
  • no less than:なんと~も (=as ~as) ←「下回らないの?!」という主観

 

  • not more than:せいぜい~ (=at (the) most) ←「上回らない」という客観
  • not less than:少なくとも~ (=at (the) least) ←「下回らない」という客観

 

意味不明…

 

一つずつ見ていきましょう。

 

 

no more / lessは主観的な否定

まずはnoが付く表現から見てみましょう。それぞれの言い回しは下記の通りでしたね。

 

  • no more than:たったの~
  • no less than:なんと~も

 

例文で見てみましょう。上がno more than、下がno less thanを使った文です。

He has no more than JPY 1 million.

(彼は、たったの100万円しか持っていない)

 

He has no less than JPY 1 million.

(彼は、なんと100万円持っている)

 

上が「たったの100万円」、

下が「なんと100万円も」ですね。

 

実は、どちらの文も「100万円ぴったり持っている」という客観的な事実は変わらないんです。

 

ウソ?!

 

noは直後のmore / lessを否定して、「100万円を上回らない / 下回らない」ということを言っているわけです。

 

上回らない=ぴったり

下回らない=ぴったり

という考え方ですね。

 

つまり、どちらの例文も、「100万円ぴったり持っている」という事実は変わらないんです。

 

 

わざわざno moreなんて付けずに、

I have JPY 1 million.

って言えばいいと思うんだけど…

 

わざわざ no moreと付けるってことは、

文の書き手が主観的に「100万円上回らないのかよ!」と言いたいってことなんです。

 

なくても良い単語を付け足すってことは、そこに書き手の主観が入り込むわけです。

 

その結果、「100万円上回らないのかよ!」→「たったの100万円」という意味になるわけです。

 

そのことはno lessも同じです。主観的に「100万円下回らないのか!」→「なんと100万円も」となるわけですね。

 

not more / lessは客観的な否定

次はnotを見てみましょう。それぞれの表現は下記の通りでしたね。

 

  • not more than:せいぜい~
  • not less than:少なくとも~

 

例文で見てみましょう。上がnot more than、下がnot less thanを使った文です。

He has not more than JPY 1 million.

(彼は、せいぜい100万円しか持っていない)

 

He has not less than JPY 1 million.

(彼は、少なくとも100万円持っている)

 

上が「せいぜい100万円」です。客観的にも「100万円を下回る」ということです。

 

そして下が「少なくとも100万円」。客観的にも「100万円を上回る」ということです。

 

noのときと違って、notのときは客観的にも「100万円を上回る/下回る」のです。

 

なにが違うの?

 

noは直後のmore / lessを否定していたのに対し、

notは動詞hasを打ち消しているのです。

 

She is not a student.

のような表現を思い出してください。

notには、動詞を否定する機能があるのです。

 

 

has not more than JPY 1 millionであれば、「100万円以上は持っていない」→「100万円は下回る」→「せいぜい100万円」という意味になるわけです。

 

has not less than JPY 1 millionであれば、「100万円以下は持っていない」→「100万円は上回る」→「少なくとも100万円」という意味になるわけです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

noは主観、notは客観。このことを念頭に置いて、改めてまとめを眺めてみましょう。

 

意味まとめ
  • no more than:たったの~ (=only) ←「上回らないのか…」という主観
  • no less than:なんと~も (=as ~as) ←「下回らないの?!」という主観

 

  • not more than:せいぜい~ (=at (the) most) ←「上回らない」という客観
  • not less than:少なくとも~ (=at (the) least) ←「下回らない」という客観

 

 

なんか意味がわかるかも…!

 

頭で理解したら、あとはひたすら音読してくださいね。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

またお会いしましょう!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
比較英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント