May I ask a favor of you?でofを使う理由

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は「ask モノ of 人」という表現について考えたいと思います。

「人にモノをお願いする」という言い回しですね。

 

 

May I ask a favor of you?

で「お願いしてもいい?」という意味になりますが、

まさに「ask モノ of 人」が使われています。

 

どうしてofを使うの?

 

 

 

askでなぜofを使うのかは、ofが持つイメージに着目すればすぐ理解できます。

 

そして、「ask モノ of 人」型の類似表現もいくつかあるので、

一緒に押さえてしまいましょう!

 

「ask モノ of 人」類似表現一覧

まずは「ask モノ of 人」の類似表現をまとめて紹介します。

 

「ask モノ of 人」類似表現
  • ask モノ of 人:人にモノを頼む、尋ねる
  • beg モノ of 人:人にモノを求める
  • expect モノ of 人:人にモノを期待する
  • demand モノ of 人:人にモノを要求する
  • require モノ of 人:人にモノを要求する

 

 

覚えられないよ…

 

 

こんな表を眺めていてもムリですね。

 

なぜこの形になるのか?

という理由はこれから説明します。

 

 

ただ、表の表現が全て「相手からの返答を期待している」

という点だけ頭の隅に置いておいてください。

 

「頼む」、「求める」、「期待」、「要求」

ニュアンスこそ違えど、相手からの返答を期待する表現ですね。

 

ここのところだけインプットして、先に進んでください。

 

前置詞ofのイメージは「所属からの分離」

先ほどの表現を理解するためには、前置詞ofのイメージをつかむ必要があります。

 

前置詞ofのイメージ?

 

 

前置詞ofのイメージとは、ズバリ「所属からの分離」です。

 

前置詞ofには、「もともと所属していたところから分離する」というニュアンスがあるんです。

 

 

下の図がofのコアイメージです。

 

「A of B」という表現は、もともと所属していたBから、Aだけが分離して離れていく

というイメージを持っているんですね。

 

 

今回の「モノ of 人」もまさに同じ。

人からモノが分離して出てくるというイメージなんです。

 

 

たとえばMay I ask a favor of you.という文で考えてみましょう。

直訳すると「わたしは、あなたにご好意をお願いしてもいいですか?」です。

 

「モノ of 人」に当てはめて考えると、

  • モノ= a favor(ご好意)
  • 人 = you(あなた)

です。

 

 

「主語(わたし)」は、

「人(あなた)」から、「モノ(ご好意)」が返答されること

を期待しているんです。

 

図で見るとこんな感じです。

 

 

 

「モノ(ご好意)」は相手から分離してくるものですね。

この「分離」をofで表現したわけです。

 

「モノ(ご好意)が人(あなた)から分離するよう頼んでもいい?」

これがask モノ of youの正体なんですね。

 

 

そして、begやexpectといったほかの表現でも同じです。

ofは「分離」の意味で捉えてください。

 

その証拠に、

同じく「分離」の意味を持つfromで、ofを置き換え可能なことも多いのです。

* ニュアンスは変わりますが、「ask モノ of 人」型の動詞は、全て「ask モノ from 人」の形も持っています。

 

 

ofには「所属からの分離」の意味がある

という点を頭に置いたうえで、一つ一つの表現をチェックしていきましょう。

 

<参考記事>前置詞ofをイメージで理解する

 

ask モノ of 人

まずはask モノ of 人からいきましょう。

「人にモノを頼む、尋ねる」という意味です。

 

 

例文はコチラ。ofに「分離」の意味があることを意識してください。

May I ask a favor of you?

(お願いがあるのですが

≒イメージ:わたしは、あなたから分離するご好意をお願いしてもいいでしょうか?)

 

 

なお、ややこしいですが、ask 人 for モノで「人にモノを頼む」という表現もあります。

 

forは「~へ」という矢印の方向性を意味する前置詞ですので、

for モノ(モノに向かって)という形になっているのですね。

 

I asked him for money.

(わたしは彼にお金をくれるよう頼んだ)

 

beg モノ of 人

beg モノ of 人は、「人にモノを求める」という意味になります。

 

「モノ」を「人」から分離して、こちらへ寄こすよう求めているわけですね。

 

 

例文はコチラです。

He begged forgiveness of her.

(彼は彼女に許しを求めた

≒イメージ:彼は、彼女から分離する許しを求めた)

 

expect モノ of 人

expect モノ of 人で「人にモノを期待する」という意味になります。

 

「モノ」が「人」から分離することを期待するわけですね。

 

 

例文はコチラ。

He expects a lot of his son.

(彼は、彼の息子を大いに期待している

≒イメージ:彼は、彼の息子から分離する多くのコトを期待した)

 

demand モノ of 人

demand モノ of 人で「人にモノを要求する」という意味になります。

 

「モノ」が「人」から分離することを要求するわけですね。

 

 

例文はコチラ。

He demanded an apology of you.

(彼は、君の謝罪を要求した

≒イメージ:彼は、君から分離する謝罪を要求した)

 

require モノ of 人

require モノ of 人で「人にモノを要求する」という意味になります。

 

「モノ」が「人」から分離することを要求するわけですね。

 

例文はコチラ。

Courage is required of everyone.

(勇気が皆に求められている

≒イメージ:勇気が、みなから分離することが要求されている)

 

 

この場合、requireは受動態で疲れることが多いです。

 

require courage of everyone(皆から分離する勇気を求める)の

courageが主語へ移動し、受動態になったわけですね。

 

 

また、demandとrequireの違いは下記のとおりです。

  • demand:〇〇が何かを強い態度で相手に要求する
  • require:〇〇が何かを必要としている

という違いがあります。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

一見意味不明なofも、「所属からの分離」というニュアンスで理解できますね。

また、このofの使い方に、相手からの返答を期待する表現が多いのも納得です。

 

 

ご不明な点等があればコメント欄までお願いします。

それでは!

 

 

※コチラではask a favor of youに似た表現をまとめています

【盲点!】第4文型⇔第3文型 書き換えの落とし穴とは?【make O1 O2⇔make O2 for O1

 

※コチラでは前置詞ofが持つ様々なイメージ・意味をまとめています

【本質から理解!】前置詞ofのイメージとは

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 過去記事:May I ask a favor of you?でofを使う理由 […]

  2. […] May I ask a favor of you?でofを使う理由 […]