【目からウロコ!】by carやhave breakfastが無冠詞の理由とは

冠詞

 

突然ですが問題です。

 

「by car: 車で」や「have breakfast: 朝食を食べる」が無冠詞 (=theやaを付けないこと)で使われる理由はわかりますか?

 

 

そういうものだから…

 

 

と丸暗記していた方は、ぜひこの記事を読んでみてください。実はかなりハッキリした理由があるのです。

 

その感覚さえつかめば、冠詞の世界が一気に広がります。

 

記事は3分程度で読めますよ!

 

※この記事は動画でもわかりやすく説明しています。

【衝撃】by carに"a / the"が付かない理由を徹底解説

 

by carに冠詞がつかないのは、動詞に冠詞がつかないのと同じ理由

by carに冠詞がつかない理由…

 

それは、動詞に冠詞がつかないのと同じ理由からきています。

 

 

 

え、よくわからない

 

 

たとえば動詞を使うとき、

  • I like an apple.

とは言いますが、

 

  • I a like an apple.

とは言わないですよね。

 

likeの前に冠詞のaがついていたらヘンですよね。

 

 

実は、by carが無冠詞で使われている (by a carではない)理由も同じなのです。

 

機能や役割など、名詞が持つ動詞的意味合いに焦点があるとき、名詞は無冠詞になることがあるのです。

 

 

どういうこと?

 

 

「by car: 車で」は、移動手段としての車が強く意識されています。モノとしての車の形よりも、移動する動詞的役割の方が強く意識されているのですね。

 

つまりcarという名詞は、動詞のような意味合いを帯びているわけです。

 

 

これは、動詞の前に冠詞がつかない (I a like an apple.とはならない)のと同じ感覚です。

 

 

このような目で見ていくと、下記のような表現が無冠詞になりやすい理由もかなりハッキリしてくるハズです。

 

  • have breakfast (lunch/dinner): 朝食 (昼食/夕食)を食べる ⇒食べ物そのものの形ではなく、「食べる」という行為に焦点が当たっている
  • go to school: 学校へ行く ⇒建物ではなく、学ぶ場所としての機能が意識されている
  • ill in bed: 病気で寝ている ⇒休む場所としての機能が意識されている
  • elect him president: 彼を大統領に選ぶ ⇒大統領としての機能・役割が意識されている

 

 

全て機能・役割といった動詞的意味合いに焦点が当たっていますね。

 

 

最後のelect him presidentは、「身分を表す表現が補語にくる際は無冠詞になる」などという記載が文法書にあります。

 

ただ、機能・役割といった動詞的意味合いが強調されるとき、名詞は無冠詞になりやすいというルールさえ押さえておけば、コレも一発で理解することが出来ますね!

 

 

たしかに…!

 

 

冠詞を知れば世界が広がりますね! 似たような話題としては、過去に下記のような記事も書いています。

 

参考記事:【冠詞the】楽器にtheがつく理由とは【play the piano】

 

 

もしよろしければぜひお読みくださいね。

 

冠詞がわかると英語力が一気に上がりますよ!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
冠詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考記事:【目からウロコ!】by carやhave breakfastが無冠詞の理由とは […]