【決定版】all notは全否定か部分否定か?【「全否定/部分否定」表現まとめ】

形容詞・副詞

 

今回はall notが「全否定」か「部分否定」かという問題を扱いたいと思います。

 

実は、notの位置によって英文の解釈が変わることがあるのですね。

 

本記事では、下記の表現の違いをまとめてみたいと思います。

  • not all/all not
  • not both/both not
  • not any/any not
  • not either/either not

 

 

英文読解でも突っ込まれるポイントなので、これを機にぜひチェックしていきましょう!

 

全否定/部分否定まとめ

全否定/部分否定まとめは下記の通りです。

 

 

ポイント
<大原則:notは右側を否定する>
  • all not:全て~ではない(全否定)、全て~というわけではない(部分否定)
  • not all:全て~というわけではない(部分否定)

 

  • both not:両方とも~ではない(全否定)、両方とも~というわけではない(部分否定)
  • not both:△

 

  • any not:×
  • not any:全く~ではない(全否定)

 

  • either not:×
  • not either:両方とも~ではない(全否定、=neither)

 

 

まず大原則として押さえて欲しいのが、「notは右側を否定する」というルールです。

 

 

例えば下記の例文を見てください。「tell 人 to V:人にto Vするよう言う」が使用されていますが、notの位置で下記のように意味が変化します。

I did not tell him to study hard.

(わたしは彼に一生懸命勉強するようには言わなかった)

⇒notはtellを否定

 

I told him not to study hard.

(わたしは彼に一生懸命勉強しないよう言った)

⇒notはstudyを否定

 

 

notは原則として右側を否定する、というルールを押さえたうえで、今回の表現を一つずつ確認していきましょう。

 

 

※人 to Vの形を取る動詞はたくさんありますが、あるコツを身につけると暗記が一気に楽になります。興味のある方はぜひ下記の記事をお読みくださいね。

【カンタン理解!】SVO to V型の動詞

 

all not/not all

all notとnot allからいきましょう。

 

いきなりクセ者の登場です。

 

notは右側を否定する、という考えに基づくと、

  • all not:全て~ではない(全否定)
  • not all:全て~というわけではない(部分否定)

となりそうですし、これが原則です。

 

 

しかし、all notに関しては、「全て~というわけではない(部分否定)」になることがあるのです。notが左側にあるallを否定しているのですね。

 

 

文としてはあまり良くないのですが、英文を読んでいるとちょくちょく出くわす表現なので、ここでチェックしておきましょう。

  • all not:全て~ではない(全否定)、全て~というわけではない(部分否定)
  • not all:全て~というわけではない(部分否定)

 

 

例文はコチラです。

All the students did not attend the class.

(全否定:全ての生徒がその授業に参加しなかった)

(部分否定:全ての生徒がその授業に参加したわけではない)

 

Not all the students attended the class.

(部分否定:全ての生徒がその授業に参加したわけではない)

 

※allはall (of) the~のように、後ろに冠詞を伴うことが多いです

 

both not/not both

both notとnot bothです。

 

  • both not:両方とも~ではない(全否定)、両方とも~というわけではない(部分否定)
  • not both:△

となります。

 

 

all同様、both notのパターンでは、全否定/部分否定どちらの解釈の可能性もあるのですね。ただし、通常は全否定の意味で解釈するのが一般的ではあります。

 

例文はコチラです。

Both the students did not attend the class.

(全否定:両方の生徒とも授業に参加しなかった)

(部分否定:両方の生徒とも授業に参加したわけではない)

 

 

なお、下記のようにnot bothの形は通常は取りません。英文としては△なので気をつけましょう。

Not both the students attended the class.

(部分否定:両方の生徒とも授業に参加したわけではない)

 

any not/not any

any notとnot anyです。

 

  • any not:×
  • not any:全く~ではない(全否定)

となります。

 

 

例文はコチラです。anyがもつ「どんな/なんでも」という意味がnotで否定され、強い否定の意味を持つのですね。

There was not any students in the classroom.

(全否定:教室の中には全く生徒はいなかった)

 

 

なお、any notの語順は通常取らないので注意しましょう。

 

either not/not either

either notとnot eitherです。

 

  • either not:×
  • not either:両方とも~ではない(全否定、=neither)

となります。

 

例文はコチラです。eitherがもつ「どちらでも」という意味がnotで否定され、全否定の意味を持つのですね。

I don’t know either student.

(全否定:わたしはどちらの生徒も知らない)

※eitherの後ろは通例単数形。「どちらでも(=どちらの一つでもいい)」という気持ちが働くため

 

 

なお、either notの語順は通常取らないので注意しましょう。

 

おわりに

いかがでしたか? 改めてまとめを再掲します。頭にグッと入りやすくなっているハズです。

 

ポイント
<大原則:notは右側を否定する>
  • all not:全て~ではない(全否定)、全て~というわけではない(部分否定)
  • not all:全て~というわけではない(部分否定)

 

  • both not:両方とも~ではない(全否定)、両方とも~というわけではない(部分否定)
  • not both:△

 

  • any not:×
  • not any:全く~ではない(全否定)

 

  • either not:×
  • not either:両方とも~ではない(全否定、=neither)

 

 

allとbothはnotの原則から外れているので、特に注意が必要ですね。

 

例文を何度か音読すると良いと思います。

 

 

また、似たような話としてnot A and Bとnot A or Bの違いがあるので、知らない方は必見です。知らないと100%間違えてしまいますが、長文読解で必須の知識です。

【絶対引っかかる】not A and Bとnot A or B

 

 

 

最後になりますが、頭に入りにくい表現は、レアジョブ英会話オンライン英会話)を試してみても良いかもしれません。実際の会話で使った表現は強く記憶に残るので、二度と忘れることはなくなりますよ。

 

25分のレッスンを200円弱で受けられ、品質もしっかりとしているので、個人的には結構オススメです。初回レッスンは無料なので、試しに受けてみても良いと思います。



 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
形容詞・副詞接続詞英文法読解のための英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【決定版】all notは全否定か部分否定か? […]

  2. […] 【決定版】all notは全否定か部分否定か? […]