【決定版】all notは全否定か部分否定か?【「全否定/部分否定」表現まとめ】

形容詞・副詞

 

今回はall notが「全否定」か「部分否定」かという問題を扱いたいと思います。

 

実は、notの位置によって英文の解釈が変わることがあるのですね。

 

本記事では、下記の表現の違いをまとめてみたいと思います。

  • not all/all not
  • not both/both not
  • not any/any not
  • not either/either not

 

 

英文読解でも突っ込まれるポイントなので、これを機にぜひチェックしていきましょう!

 

全否定/部分否定まとめ

全否定/部分否定まとめは下記の通りです。

 

 

ポイント
<大原則:notは右側を否定する>
  • all not:全て~ではない(全否定)、全て~というわけではない(部分否定)
  • not all:全て~というわけではない(部分否定)

 

  • both not:両方とも~ではない(全否定)、両方とも~というわけではない(部分否定)
  • not both:△

 

  • any not:×
  • not any:全く~ではない(全否定)

 

  • either not:×
  • not either:両方とも~ではない(全否定、=neither)

 

  • every not:全て~ではない(全否定)、全て~というわけではない(部分否定)
  • not every:全て~というわけではない(部分否定)

 

 

まず大原則として押さえて欲しいのが、「notは右側を否定する」というルールです。

 

 

例えば下記の例文を見てください。「tell 人 to V:人にto Vするよう言う」が使用されていますが、notの位置で下記のように意味が変化します。

I did not tell him to study hard.

(わたしは彼に一生懸命勉強するようには言わなかった)

⇒notはtellを否定

 

I told him not to study hard.

(わたしは彼に一生懸命勉強しないよう言った)

⇒notはstudyを否定

 

 

notは原則として右側を否定する、というルールを押さえたうえで、今回の表現を一つずつ確認していきましょう。

 

 

※人 to Vの形を取る動詞はたくさんありますが、あるコツを身につけると暗記が一気に楽になります。興味のある方はぜひ下記の記事をお読みくださいね。

【カンタン理解!】SVO to V型の動詞

 

all not/not all

all notとnot allからいきましょう。

 

いきなりクセ者の登場です。

 

notは右側を否定する、という考えに基づくと、

  • all not:全て~ではない(全否定)
  • not all:全て~というわけではない(部分否定)

となりそうですし、これが原則です。

 

 

しかし、all notに関しては、「全て~というわけではない(部分否定)」になることがあるのです。notが左側にあるallを否定しているのですね。

 

 

文としてはあまり良くないのですが、英文を読んでいるとちょくちょく出くわす表現なので、ここでチェックしておきましょう。

  • all not:全て~ではない(全否定)、全て~というわけではない(部分否定)
  • not all:全て~というわけではない(部分否定)

 

 

例文はコチラです。

All the students did not attend the class.

(全否定:全ての生徒がその授業に参加しなかった)

(部分否定:全ての生徒がその授業に参加したわけではない)

 

Not all the students attended the class.

(部分否定:全ての生徒がその授業に参加したわけではない)

 

※allはall (of) the~のように、後ろに冠詞を伴うことが多いです

 

both not/not both

both notとnot bothです。

 

  • both not:両方とも~ではない(全否定)、両方とも~というわけではない(部分否定)
  • not both:△

となります。

 

 

all同様、both notのパターンでは、全否定/部分否定どちらの解釈の可能性もあるのですね。ただし、通常は全否定の意味で解釈するのが一般的ではあります。

 

例文はコチラです。

Both the students did not attend the class.

(全否定:両方の生徒とも授業に参加しなかった)

(部分否定:両方の生徒とも授業に参加したわけではない)

 

 

なお、下記のようにnot bothの形は通常は取りません。英文としては△なので気をつけましょう。

Not both the students attended the class.

(部分否定:両方の生徒とも授業に参加したわけではない)

 

any not/not any

any notとnot anyです。

 

  • any not:×
  • not any:全く~ではない(全否定)

となります。

 

 

例文はコチラです。anyがもつ「どんな/なんでも」という意味がnotで否定され、強い否定の意味を持つのですね。

There was not any students in the classroom.

(全否定:教室の中には全く生徒はいなかった)

 

 

なお、any notの語順は通常取らないので注意しましょう。

 

理由は、「英語は早めにyes/noをハッキリさせたがる言語である」という点にあります。anyは「なんでも」という意味がありますが、文の後半でnotが出てくると、「any…あれ、notだから真逆の『全くない』という意味か!」と意味がひっくり返ってしまいますね。そのため、先にnotを持ってくる語順が好まれるのです。

 

ちなみに、例外的にany notの語順が許されることがあり、そちらについては下記の記事でまとめています。

【驚愕の事実】any notの語順が許容される場合とは

 

either not/not either

either notとnot eitherです。

 

  • either not:×
  • not either:両方とも~ではない(全否定、=neither)

となります。

 

例文はコチラです。eitherがもつ「どちらでも」という意味がnotで否定され、全否定の意味を持つのですね。

I don’t know either student.

(全否定:わたしはどちらの生徒も知らない)

※eitherの後ろは通例単数形。「どちらでも(=どちらの一つでもいい)」という気持ちが働くため

 

 

なお、either notの語順は通常取らないので注意しましょう。理由はany notの語順が原則許されないのと同様です。

 

every not/not every

every not/not everyです。

 

all notと同様、every notは全否定と部分否定の可能性があります。

 

語尾を下げて読むと全否定の意味になります。ただ、「英語は早めにyes/noをハッキリさせたがる言語である」という法則のためか、every not自体を見ることはそれほどありません。全否定の文では、No~を主語にすることが一般的です。

 

 

一方のnot everyは部分否定の意味になります。

 

 

こちらが例文です。

Every student didn’t come.

(全ての生徒が来なかった*)

(全ての生徒が来たわけではなかった)

 

*全否定の意味では”No students came.”が一般的

 

 

Not every student didn’t come.

(全ての生徒が来たわけではなかった)

 

おわりに

いかがでしたか? 改めてまとめを再掲します。頭にグッと入りやすくなっているハズです。

 

ポイント
<大原則:notは右側を否定する>
  • all not:全て~ではない(全否定)、全て~というわけではない(部分否定)
  • not all:全て~というわけではない(部分否定)

 

  • both not:両方とも~ではない(全否定)、両方とも~というわけではない(部分否定)
  • not both:△

 

  • any not:×
  • not any:全く~ではない(全否定)

 

  • either not:×
  • not either:両方とも~ではない(全否定、=neither)

 

  • every not:全て~ではない(全否定)、全て~というわけではない(部分否定)
  • not every:全て~というわけではない(部分否定)

 

 

allとbothはnotの原則から外れているので、特に注意が必要ですね。

 

例文を何度か音読すると良いと思います。

 

 

また、似たような話としてnot A and Bとnot A or Bの違いがあるので、知らない方は必見です。知らないと100%間違えてしまいますが、長文読解で必須の知識です。

【絶対引っかかる】not A and Bとnot A or B

 

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント

  1. […] 【決定版】all notは全否定か部分否定か? […]

  2. […] 【決定版】all notは全否定か部分否定か? […]