【本質から理解!】前置詞toのイメージとは【意味】

前置詞

 

こんにちは!

 

今回は前置詞toの意味をまとめたいと思います。

 

一見様々な意味がありますが、本質的な理解が出来ると、スルっと全部頭に入りますよ。

 

toは「到達」

toは「到達のイメージ」と考えてください。

 

どういうこと?

 

 

たとえば、

“I went to Hokkaido. (わたしは北海道へ行った)”

という文を考えてみましょう。

 

 

これは、「わたし」が「北海道へ到達」したことを意味するのですね。

 

 

北海道へ行きつく途中で倒れたり、引き返したりはせずに、

きちんと北海道まで到着しているのです。

 

矢印の終着点に意識が向いているイメージです。

 

 

 

toは到達。

 

 

このイメージを頭に入れ、様々な表現をチェックしていきましょう!

 

toの様々な用法

toのイメージを捉えたところで、様々な用法を見ていきましょう!

 

toの意味まとめ
  1. 「~に到達する」
  2. 「ある状態に変化する」
  3. 「 (ある数字) まで」
  4. 「~に至るまで (程度・範囲)」
  5. 「~に属する、~に伴う、~の」
  6. 「~に合わせて」
  7. 「比較」
  8. 「~したことには」

 

「到達」

まずは「到達」の意味から見ていきましょう。

 

「~へ行く」、「~行きの」などと訳しましょう。

 

 

下記が例文です。どちらも京都に「到着」していることに注目です。

He went to Kyoto.

(彼は京都へ行った = 京都へ到達)

 

He took a bus to Kyoto.

(彼はバスで京都に行った = 京都に到達するバスに乗った)

 

 

 

なお、よく似た表現にforがあります。

forは方向性を示すだけで、到着までは含意していないのがポイントです。

 

参考記事①:【本質から理解!】前置詞forのイメージとは

参考記事②:【盲点!】第4文型⇔第3文型 書き換えとは?【to/for/of型の違い】

 

「ある状態への変化」

到達が性質の変化と考えれば、「ある状態への変化」という意味にもなります。

 

〇〇な状態から△△な状態へ、変化して到達するというイメージですね。

 

The traffic light changed from red to green.

(信号は赤から青に変わった = 青という状態に到達)

 

「(ある数字) まで」

ある状態への変化を、数字の変化と考えれば「(ある数字) まで」という意味にもなります。

 

Sales increased to two million yen.

(売り上げは200万円まで増えた = 200万円という数字まで)

 

「~に至るまで(程度・範囲)」

ある状態に到達するまで何かをすれば、「~に至るまで (程度・範囲)」という意味にもなります。

 

They all starved to death.
(彼らはみな飢え死にした = 死ぬという状態に至るまで)

I’ll fight to the end.

(私は最後まで戦うつもりだ = 最後に至るまで)

 

「~に属する、~に伴う、~の」

ピンポイントでの対応関係を示す場合、「~に属する、~に伴う、~の」という意味になります。

 

 

よくわからない…

 

 

 

例文を確認した上で、イメージ図で確認してみましょう。

I have the key to the door.

(わたしはドアの鍵を持っている = 鍵がドアに刺さる)

 

He belongs to tennis club.

(彼はテニス部に属している = 彼がテニス部に到達して属する

 

Chewing gum stuck to the bottom of his shoe.

(ガムが彼の靴底にくっついた = ガムが靴底に到達)

 

 

下の図を見てください。

 

 

これもやはり、AがBに到達するイメージです。

 

 

たとえば上の例文であれば

A = the key

B = the door

ですね。

 

カギがドアに、ピンポイントで突き刺さり到達するイメージです。

 

 

他も同じです。

 

A = He

B = tennis club

なら、「彼」が「テニス部」に到達して所属しているイメージで、

 

 

A = Chewing gum

B = the bottom of his shoe

なら、「ガム」が「彼の靴底」にピンポイントで到達し、付属したイメージです。

 

「~に合わせて」

何か動くものに合わせて自分を動かせば、「~に合わせて」という訳にもなります。

 

 

 

「音楽に合わせて」という表現でよく使われます。

 

We danced to the music.

(わたしたちは音楽に合わせて踊った = ~に合わせて)

 

He tuned himself to life in Tokyo.

(彼は東京での生活に順応した = 東京での生活に合わせて)

* tuneは「~を順応させる、一致させる」という意味です。「チューニング」という日本語にもなっていますね。

 

「比較」

何か二つのモノを突き合せれば、「比較」することにもなりますね。

 

例文はコチラです。

He is senior to me.

(彼はわたしよりも年上だ)

 

He is junior to me.

(彼はわたしよりも年下だ)

 

「~したことには」

人のある感情が喚起されるに至れば、「~したことには」という意味にもなります。

 

To my surprise, he was late again.

(わたしの驚いたことには、彼はまた遅刻した = 驚きという感情に到達)

 

 

“to one’s 感情”の形で「人の驚いたことには」という意味になります。

 

参考例はコチラです。

  • to his disappointment: 彼のがっかりしたことには
  • to her joy: 彼女の喜んだことには
  • to my annoyance: わたしの癪に障ることには
  • to my dismay: わたしのうろたえたことには

 

おわりに

toの紹介は以上です。

 

本質から理解すれば、暗記が一気に楽になりますね!

 

 

なお、前置詞についてもっと知りたいという方は、

当ブログの前置詞カテゴリーの記事

イメージで比べてわかる 前置詞使い分けBOOK一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)が大まかなイメージを理解するのに役に立つと思います。

 

 

 

特に、一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)前置詞以外の英文法の事項も新鮮な観点(かつイメージに残りやすい本質的な記述)で説明してくれているので、お持ちでない方は手元に一冊置いておくと英語学習がとても楽しくなると思います。

 

 

また、前置詞の観点から英語の熟語をひたすらまとめた解体英熟語 改訂第2版もおすすめです。Z会からの出版で、一応大学受験用ということになってはいますが、大人にとっても普通に役立ちます。というか、役立ちすぎるくらい情報量が豊富&わかりやすいです。

 

巻末に各前置詞をおおざっぱにまとめた簡単な説明が載っていますが、それがとてもわかりやすく、正直その説明のためだけでもこれを一冊買う価値があります。

 

 

前置詞は奥が深いので、ぜひぜひ上記の書籍に目を通してみてくださいね。見える世界がガラッと変わると思います。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
前置詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【本質から理解!】前置詞toのイメージとは […]

  2. […] 【本質から理解!】前置詞toのイメージとは […]

  3. […] 【本質から理解!】前置y詞toのイメージとは […]

  4. […] 参考:【本質から理解!】前置詞toのイメージとは […]

  5. […] 【本質から理解!】前置詞toのイメージとは […]