代名詞thatとthose、itの違いとは?【用法まとめ】

英文法

こんにちは、講師のNです。

 

今回は代名詞thatとthose、itについてまとめたいと思います。

 

 

こいつらは、繰り返しを避けるために使われますが、

これがなかなかクセの強い使用法なのです。

 

 

一体どんな使われ方をするのか?

 

一緒に確認していきましょう!

 

thatとthose、itの用法まとめ

まずは全体像をサクッと見てみましょう。

 

代名詞that, those, itの用法まとめ
  • that:the + 既出の名詞単数形 (不可算名詞もOK)
  • those:the + 既出の名詞複数形 (不可算名詞不可)
  • it:既出の名詞かつ、全く同一のもの

 

わからん…

 

 

一つずつ順番に見ていきましょう!

 

thatの使い方

まずは例文を見てましょう。

 

The population of China is larger than that of Japan.

中国の人口は、日本の人口よりも多い。

 

“that of Japan”というところにthatが使われています。

これが今回ポイントとなるthatです。

 

 

では、一体どんなルールに従い使用されているのか?

 

 

それは、“the 既出の名詞 (単数形)”を前提にしているということです。

 

ここでは”that of Japan = the population of Japan”という形を前提にしています。

the populationという単語(the 既出の名詞)が既に出ているので、

それをthatで置き換えたということです。

 

 

ただ、ここで立ち止まって考えてみてほしいんです。

「既出の名詞を前提にしているなら、itを使ってはダメなのか?」と。

 

 

答えはダメです。

 

 

なぜなら、itは全く同一のものにしか使えないからです。

 

 

今回の例をよく見てみましょう。

 

“the population of China”は「中国の人口」です。

“that of Japan”は「日本の人口」です。

 

 

一見すると「人口」なので、全く同じものを指しているように見えますが、

「中国の人口」と「日本の人口」は別物ですね。

 

だからitを使うのはNGなんです。

 

 

共通しているのは”the population”の部分だけなので、

“the 既出の名詞 (単数形)”を前提とするthatを使用しなければいけないのです。

 

 

余談ですが、これは代名詞the oneと同じ発想です。

なので、thatはthe oneに置き換えることもできます。

 

 

今回のようにofが付いている場合はthatを使う方が一般的ですけどね。

興味のある方は、ぜひこちらの記事をお読みください。

 

代名詞oneの用法を徹底解説

 

thoseの使い方

thatが理解できればthoseはカンタン。

 

thatが“the 既出の名詞 (単数形)”を前提としていたわけなので、

 

その複数形thoseは??

 

 

そうです。“the 既出の名詞 (複数形)”を指すことができます。

 

例文はコチラ。

The movies of China are different from those of Japan.

中国の映画は、日本の映画と違う。

 

 

“those of Japan = the movies of Japan”となっていますね。

ここでは、moviesという複数形の名詞の繰り返しを避けています。

 

itを使う場合(thatが使えない場合)

「一見thatが使えそうなのに、itを使わなければいけない」パターンを紹介します。

 

 

次の例文で考えてみましょう。かっこ内に入るのはどちらでしょうか?

The population of China is larger than (           ).

中国のいまの人口は、20年前より多い。

 

選択肢①:that of 20 years ago

選択肢②:it was 20 years ago

 

 

答えは“② it was 20 years ago”です。

 

なぜか? それは、ここで比べているのは同じ中国の人口同士だからです。

 

全く同一のものを指すときは、thatではなくitを使います。

 

なので、

The population of China is larger than it (=the population of China) was 20 years ago.

とするのが正しいのです。

 

おわりに

最後に改めて、全体像を眺めてみましょう。

 

代名詞that, those, itの用法まとめ
  • that:the + 既出の名詞単数形 (不可算名詞もOK)
  • those:the + 既出の名詞複数形 (不可算名詞不可)
  • it:既出の名詞かつ、全く同一のもの

 

どうです? 最初に比べ、「なるほど」と思えるようになったはずです。

 

原則を確認したら、あとは手元の問題種をひたすら解いて身体で覚えてしまいましょう。

 

 

なお、今回の記事は主に徹底例解ロイヤル英文法に拠っています。記事を書いていて「あれ、これってこういう説明で大丈夫なんだっけ?」というときは、たいていロイヤルにお世話になっています。

 

文法系の疑問は、たいていこれ一冊で解決します。手元に置いておけば非常に便利なので、まだお持ちでない方にはとてもおススメです。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント