【決定版】nothingの特別な意味・用法まとめ【定型表現】

名詞

 

今回はnothingの特別な意味・用法についてまとめてみたいと思います。

 

通常は「何も~ない(=not anything)」の意味で使われるnothingですが、

知らないと意味が分かりづらい用法も数多く存在します。

 

今回は、そんなnothingの用法についてまとめてチェックしてみましょう!

 

nothingの特別な意味・用法まとめ

nothingの特別な意味・用法のまとめです。まずは全体像からチェックしていきましょう。

 

nothingの特別な意味・用法のまとめ
  • nothing: つまらないもの/人

 

  • do nothing but V: ただVだけをする(≒V以外何もしない)
  • nothing but~: ただの~だ(≒~以外何者でもない)
  • for nothing: 無料で
  • not V for nothing: Vしただけのことはある(≒ただでVはしなかった)
  • have nothing to do with~: ~と全く関係がない
  • look nothing like~: ちっとも~に似ていない
  • nothing of~: 全く~でない
  • there is nothing for it but to V: Vするよりほか仕方ない
  • think nothing of~: ~を何とも思わない

 

 

これだけだとイメージがわきにくいと思います。

 

一つずつ、例文付きでチェックしていきましょう。

 

nothing: つまらないもの/人

「nothing: つまらないもの/人」です。

 

“Thank you.”  “It’s nothing.”

(「ありがとう」「どうってことないよ」)

 

Tom is mere nothing.

(トムは単なるつまらない人だ)

 

do nothing but V: ただVだけをする(≒V以外何もしない)

「do nothing but V: ただVだけをする(≒V以外何もしない)」です。

 

Tom did nothing but laugh.

(トムはただ笑っていた)

 

nothing but~: ただの~だ(≒~以外何者でもない)

「nothing but~: ただの~だ(≒~以外何者でもない)」です。

 

butに「~以外」という意味があるので、直訳すると「~以外何者でもない」です。そこから「~以外何者でもない」という訳になるのですね。

 

Tom is nothing but a boy.

(トムはただの少年にすぎない ≒少年以外の何者でもない)

 

for nothing: 無料で

「for nothing: 無料で」です。

 

Tom gave it to me for nothing.

(トムはそれをわたしに無料でくれた)

 

not V for nothing: Vしただけのことはある(≒ただでVはしなかった)

「not V for nothing: Vしただけのことはある(≒ただでVはしなかった)」です。

 

Tom did not graduate from university for nothing.

(トムは大学を卒業しただけのことはある

≒トムは大学をただでは卒業しなかった)

 

have nothing to do with~: ~と全く関係がない

「have nothing to do with~: ~と全く関係がない」です。

 

Tom had nothing to do with the incident.

(トムはその事故と全く関係がなかった)

 

 

“have nothing to do with~”は直訳すると「~についてすべきことがない」ですが、

 

nothingの代わりにmuchが入ると、「~についてすべきことがたくさんある」ということで、

「~ととても関係がある」という意味になります。

 

somethingなら「~と関係がある」、littleなら「~とほとんど関係がない」という意味に変化もします。

 

look nothing like~: ちっとも~に似ていない

「look nothing like~: ちっとも~に似ていない」です。

 

look like~「~に似ている」をnothingが強く否定していると考えましょう。

(つまり、ここでのnothingは副詞として機能しています)

 

Tom looks nothing like his father.

(トムは彼の父親にちっとも似ていない)

 

nothing of~: 全く~でない

「nothing of~: 全く~でない」です。

 

Tom is nothing of a boy.

(トムは全く少年ではない)

 

there is nothing for it but to V: Vするよりほか仕方ない

「there is nothing for it but to V: Vするよりほか仕方ない」です。

 

ここでのitは状況のitと考えましょう。(あまりこれ自体に意味のないitです。天気、時間、距離などに使用されるitです)

 

なので直訳すれば、「状況にとって、Vする以外何もない」くらいの意味になるでしょう。

 

There is nothing for it but to study.

(勉強するよりほかに仕方がない)

 

think nothing of~: ~を何とも思わない

「think nothing of~: ~を何とも思わない」です。

 

Tom think nothing of sleeping during the class.

(トムは授業中寝ることを何とも思わない)

 

まとめ

ひと通り例文を読んだ後で、改めてまとめに目を通してみましょう。今度は頭に入りやすくなっていると思います。

 

nothingの特別な意味・用法のまとめ
  • nothing: つまらないもの/人

 

  • do nothing but V: ただVだけをする(≒V以外何もしない)
  • nothing but~: ただの~だ(≒~以外何者でもない)
  • for nothing: 無料で
  • not V for nothing: Vしただけのことはある(≒ただでVはしなかった)
  • have nothing to do with~: ~と全く関係がない
  • look nothing like~: ちっとも~に似ていない
  • nothing of~: 全く~でない
  • there is nothing for it but to V: Vするよりほか仕方ない
  • think nothing of~: ~を何とも思わない

 

 

知らなかった表現は、例文をまるごと音読してしまうと良いですね!

 

最後までお読みくださりありがとうございました。それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
名詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント