【完全版】S seem to VとIt seems that SV-の違い・書き換えまとめ【appear/happen/chance/turn out/prove他】

基本単語

 

今回はS seem to V/It seems that SV-の書き換えパターンをまとめてみました。

 

同じように、

  • appear/happen/chance/turn out/prove
  • be said/be rumored
  • be known

などの動詞も同様の書き換えパターンとなります。

 

一緒に確認していきましょう!

 

S seem to V/It seems that SV-の書き換えパターンまとめ

seem to V/It seems that SV-の書き換えパターンをまとめてみましょう。その際の注意事項は下記の通りです。

 

書き換えのポイント
  • S seem to V-: SV-のように思われる
  =It seems that SV-
※注意点①:S seem that SV-としないようにする
※注意点②:seemとVの部分に時制のズレがある場合、S seem to Vへ書き換える場合、to have Vp.p.の形を使用
また、同様の形を取る動詞は下記の通りです。

 

同様の形を取る動詞まとめ
  • appear:~に見える/思われる
  • happen/chance:たまたま~する
  • turn out/prove:~だとわかる
  • be said/be rumored: ~と言われている/噂されている
  • be known: ~と知られている

 

 

一つずつ一緒に見ていきましょう!

 

S seem to V/It seems that SV-の書き換えの注意点

S seem to V/It seems that SV-の書き換えの注意点を確認しつつ、例文を見ていきましょう。

 

注意点は以下の二点です。

  • S seem that SV-とはしない
  • seemとVの時制

 

 

まずは簡単な例文から確認していきましょう。He seems that he is fine.はダメなのだ、という点をまずはチェックしてください。

It seems that he is fine.

= He seems to be fine.

(彼は調子が良いように思われる)

 

 

次に、時制の話です。

 

It seemsという現在形に対し、that節の中で過去形が使われている場合、to Vの部分をto have Vp.p.にしましょう。

It seems that he was fine.

= He seems to have been fine.

(彼は調子が良かったように思われる)

 

 

It seemedという過去形に対し、that節の中で過去形が使われている場合、to Vの部分はそのままでOKです。

 

to have Vp.p.を使うのは、to Vの部分がseemと比べて過去に起きている場合です。つまり、to have Vp.p.を使うかどうかは、seemとの相対的な関係の中で決まってくるのですね。

It seemed that he was fine.

= He seemed to be fine.

(彼は調子が良いように思われた)

 

seemと同様の形を取る動詞まとめ

seemと同様の形を取る動詞を例文と一緒に確認していきましょう。

 

 

「appear:~に見える/思われる」です。

It appears that he loves her.

= He appears to love her.

(彼は彼女を愛しているようだ)

 

「happen/chance:たまたま~する」です。

It happened that he met her at the station.

= He happened to meet her at the station.

= It chanced that he met her at the station.

= He chanced to meet her at the station.

(彼は駅でたまたま彼女に会った)

 

「turn out/prove:~だとわかる」です。

It turned out that he was ill.

= He turned out to be ill.

= It proved that he was ill.

= He proved to be ill.

(彼は病気だとわかった)

 

「be said/be rumored: ~と言われている/噂されている」です。

It is said that he loves her.

= He is said to love her.

(彼は彼女を好きだと言われている)

 

It is rumored that he loves her.

= He is rumored to love her.

(彼は彼女を好きだと噂されている)

 

「be known: ~と知られている」です。

It is known that he is crazy.

= He is known to be crazy.

(彼はクレイジーだと知られている)

 

まとめ

いかがでしたか? 改めてまとめを載せておきます。

 

 

書き換えのポイント
  • S seem to V-: SV-のように思われる
  =It seems that SV-
※注意点①:S seem that SV-としないようにする
※注意点②:seemとVの部分に時制のズレがある場合、S seem to Vへ書き換える場合、to have Vp.p.の形を使用

 

同様の形を取る動詞まとめ
  • appear:~に見える/思われる
  • happen/chance:たまたま~する
  • turn out/prove:~だとわかる
  • be said/be rumored: ~と言われている/噂されている
  • be known: ~と知られている

 

 

試験ではもちろん、英作文や英会話でもとても使える表現です。これを機会に、ぜひ身につけてくださいね。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語基本表現・語源文型(動詞・助動詞・受動態)準動詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント