【決定版】「状態」を示すin/on/atの違いまとめ【前置詞表現】

前置詞

 

「状態」を表す前置詞には何種類かあるのはご存知でしょうか。

 

  • at war: 戦争中で(=戦争の状態で)
  • in good health: 良い健康状態で
  • on fire: 火事で(=火事の状態で)

等…です。

 

 

今回はこれらについてまとめてみました。

 

種類が多く覚えるのが大変なのですが、簡単な覚え方についてもまとめてあります!

 

状態を表すin/on/atまとめ

状態を表すin/on/atの主な用法は次の通りです。

 

ポイント
<in>
  • in crisis: 危機的状況で
  • in love: 恋をしている
  • in good/bad condition: 良い/悪い状態で
  • in good/bad health: 良い/悪い健康状態で
  • in harmony: 調和した状態で
  • in a ~ mood: ~な気分で (goodやbadなどが入ります)
  • in shape: 良い状態で
  • in trouble: 困った状態で
  • in Ving: Vする際に

 

<on>
  • on the air: 放送中で
  • on business: 仕事で
  • on duty: 勤務中で (duty: 義務)
  • on fire: 燃えている
  • on one’s guard: 用心して
  • on one’s way: 途中で
  • on strike: ストライキ中で
  • on the increase: 増加中で
  • on the decrease: 減少中で
  • on the go: 働きづめで (≒「行く」状態が継続する)
  • catch on: 人気を博する (≒キャッチした状態になる)

 

<at>
  • at breakfast/lunch/dinner: 朝食中で/昼食中で/夕食中で
  • at ease: くつろいで
  • at school: 授業中で
  • at work: 仕事中で
  • at war/peace: 戦争中で/平和で

 

 

 

数が多い…

 

 

 

onは覚えてもらうしかないですが(乱暴)、

inとatの違いは、それぞれの前置詞が持つ意味合いに着目すると、だいぶ理解が進みますよ!

 

inは広がりを持つ空間の中、atは一点

inは広がりを持つ空間の中にいる、というイメージがあるのに対し、

atは一点をピンポイントで指差すイメージです。

 

 

※inとatの詳しい違いに興味がある方は、下記の記事もお読みください

【本質から理解!】前置詞inのイメージとは

【本質から理解!】前置詞atのイメージとは

 

 

 

そのような目で、改めてinの表現を見てみましょう。「気分」「身体の状態」に関わる表現が多いです。

 

inが持つイメージの通り、「ある状態の中に包まれているイメージ・時間的な広がりがある程度イメージしやすい表現」が並んでいます。

 

ポイント
<in>
  • in crisis: 危機的状況で
  • in love: 恋をしている
  • in good/bad condition: 良い/悪い状態で
  • in good/bad health: 良い/悪い健康状態で
  • in harmony: 調和した状態で
  • in a ~ mood: ~な気分で (goodやbadなどが入ります)
  • in shape: 良い状態で
  • in trouble: 困った状態で
  • in Ving: Vする際に

 

 

 

 

次にatの表現です。

 

atがイメージの通り、「一時的な状態」というイメージが前面に出た表現が多いですね。

 

また、「点で指差せる=具体的な情景をイメージできる」ということで、具体的な動作をイメージしやすい表現が並んでいるのも特徴です。

 

 

ポイント
<at>
  • at breakfast/lunch/dinner: 朝食中で/昼食中で/夕食中で
  • at ease: くつろいで
  • at school: 授業中で
  • at work: 仕事中で
  • at war/peace: 戦争中で/平和で

 

おわりに

いかがでしたか?

 

前置詞は奥が深く、完璧に理解しきるのは至難の業です。(正直わたしも完全に理解しきれているとは言えません)

 

しかし、前置詞を理解することはネイティブの感覚を理解することにもつながります。日ごろから前置詞の持つ意味に注意を払うと、英語の世界がグッと広がりますよ!

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント

  1. […] 【決定版】「状態」を示すin/on/atの違いまとめ […]