【脱・丸暗記】不定詞to Vと同格になる主な名詞まとめ【超決定版】

準動詞

 

今回は不定詞to Vと同格になる主な名詞をまとめてみたいと思います。

 

 

不定詞to Vが持つある意味に着目すれば、丸暗記から脱することが出来ますよ。

 

 

早速見ていきましょう!

 

不定詞to Vと同格になる主な名詞まとめ

不定詞to Vと同格になる主な名詞のまとめです。

 

全て後ろにto Vの形を取り、直前の名詞の内容をイコールで説明しています(「Vするという名詞」という意味になることが多い)になります。

 

 

ポイント
  • ability: 能力
  • anxiety: 熱望
  • attempt: 試み
  • courage: 勇気
  • curiosity: 好奇心
  • decision: 決定
  • desire: 願望
  • determination: 決心
  • eagerness: 熱望
  • effort: 努力
  • failure: できないこと(例:the failure to meet the goal 目標達成できないこと)
  • honor: 光栄
  • intention: 意図
  • misfortune: 不幸
  • patience: 我慢強さ(例:the patience to get through difficulties 困難を切り抜ける我慢強さ)
  • permission: 許可
  • plan: 計画
  • promise: 約束
  • proposal: 提案
  • right: 権利
  • refusal: 拒否(例:his refusal to pay 支払い拒否)
  • willingness: 自発的にすること/意志(例:willingness to lean 進んで学ぼうという意志)
  • wish: 願望

 

 

 

 

同格のto Vは、「Vするという名詞」という和訳でほぼ対応できます。

 

「直前の名詞 = to Vのカタマリ」と考えれば名詞用法「to Vのカタマリが直前の名詞を修飾している」と考えれば形容詞用法になります。

 

 

どちらの解釈でもOKです。

 

 

ただ、ネガティブな名詞(「failure: できないこと」など)が直前にくる場合、単純に「Vするという名詞」という訳だけで対応できないこともあります。

(例:「failure to meet the goal: 目標を達成するという失敗」と、ややおかしな日本語になる)

 

 

 

その場合、failure to Vを「failure: できないこと = to meet the goal: 目標を達成する」と考えてみましょう。

 

「failure: できないこと」の内容がイコールでto V以下で説明されていると考えれば、「目標達成できないこと」という正しい和訳に行き着くことが出来ます。

 

不定詞to Vと同格になる名詞の覚え方

上記で挙げたような名詞が、不定詞to Vと同格になりやすいです。なんでもかんでも同格のto Vの形をとって良いわけではないのですね。

 

とても覚えられないよ…

 

 

大丈夫、丸暗記する必要はありません。

 

 

 

不定詞to Vが持つ未来志向の意味に注目してください。

 

“He went to Kyoto.”という表現からもわかる通り、toはどこかへ向かい、到着するイメージですよね。つまり、矢印が未来に伸びているんです。

 

このことから、to Vの部分に来ている表現が全て「その時点から見てこれからやること/未来にやること」になっている点に注目してください。

 

 

どういうこと?

 

 

たとえば「attempt: 試み」という単語で見てみましょう。

 

例えば、「his attempt to get the fortune: その財産を手に入れようという彼の試み」というように使用されますが、attemptとto getの間の時系列の関係に注目です。

 

 

「attempt: 試み」を企てた時点では、「to get: 手に入れる」というto Vの部分の行為はまだ実現されていませんよね。これから行う動作であるわけです。

 

 

 

 

to V以下が「これからVする」という意味を帯びやすいのだ、という目で先ほどのまとめを改めて見てください。

 

「バチバチ!」と、一気に理解が進むはずです。

 

 

ポイント
  • ability: 能力
  • anxiety: 熱望
  • attempt: 試み
  • courage: 勇気
  • curiosity: 好奇心
  • decision: 決定
  • desire: 願望
  • determination: 決心
  • eagerness: 熱望
  • effort: 努力
  • failure: できないこと(例:the failure to meet the goal 目標達成できないこと)
  • honor: 光栄
  • intention: 意図
  • misfortune: 不幸
  • patience: 我慢強さ(例:the patience to get through difficulties 困難を切り抜ける我慢強さ)
  • permission: 許可
  • plan: 計画
  • promise: 約束
  • proposal: 提案
  • right: 権利
  • refusal: 拒否(例:his refusal to pay 支払い拒否)
  • willingness: 自発的にすること/意志(例:willingness to lean 進んで学ぼうという意志)
  • wish: 願望

 

おわりに

いかがでしたか? 中身を理解すると、一気に知識がつながりとても楽しいですね。

 

なお、今回の関連で、

  • 前置詞toが持つ深い意味
  • SVO to V型の動詞

も一気に学ぶとさらに知識がつながります。

 

もしよろしければ、下記の記事をご覧くださいね。

【不定詞と動名詞】forget to V / forget Vingの意味と違いとは

【本質から理解!】前置詞toのイメージとは

 

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
準動詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント