【本質から理解!】前置詞onのイメージとは【意味】

前置詞

 

今回紹介するのは前置詞onです。

 

一体どのような意味・イメージを持っているのでしょう?

 

図入りでわかりやすく説明します!

 

onのイメージは「ぺたっとくっついて」

onのイメージは「接触して、ぺたっとくっついている」です。

 

図で説明すると下記の通りです。

あるモノが他のモノに面でペタっとくっついている感じですね。

 

 

 

ポイントは、必ずしも上になくても良いということです。

 

  • on the table: テーブルの上に →テーブルの「上に」ぺたっとくっついている
  • on the wall: 壁に →壁の「横に」ぺたっとくっついている
  • on the ceiling: 天井に →天井の「下に」ぺたっとくっついている

 

 

何かと何かがぺたっとくっついていれば、全てonが使われるのですね。

 

 

 

※逆に、何かから離れていればoffを使います。

参考:【本質から理解!】前置詞offのイメージとは

 

onの様々な意味

onのイメージを捉えたところで、onの様々な意味を押さえましょう。

 

まずはまとめです。

 

ポイント
  1. 「~の上に(物理的にくっついている)」
  2. 「特定の日に」
  3. 「~するとすぐ」
  4. 「~に従事して、~の状態で」
  5. 「~について、関して」
  6. 「依存」
  7. 「影響」
  8. 「継続」

 

個別の説明も見ていきましょう!

 

「~の上に(物理的にくっついている)」

まずは「~の上に(物理的にくっついている)」です。

 

先ほどの例でみたものですね。

物理的にくっついて入れさえいれば、上下左右なんでもOKです。

 

 

I sad down on the chair.

(わたしはその椅子の上に座った)

 

I saw a spider on the ceiling.

(わたしは一匹の蜘蛛を天井に見た ≒ 天井の下にペタっとくっついている)

 

「特定の日に」

特定の日を示す場合、onが使われます。

 

カレンダーの上にぽんと置くイメージです。

 

I play tennis on Sunday.

(わたしは日曜日にテニスをします ≒ 日曜日という特定の日に)

 

I met him on May 5th.

(わたしは5月5日に彼に会った ≒ 5月5日という特定の日に)

 

「~するとすぐ」

二つの物事・出来事が時間的に接触していれば、

「~するとすぐ」という意味になります。

 

On seeing me, he ran away.

(わたしを見るとすぐ、彼は走り去った)

 

 

「わたしを見る」/「彼が走り去る」という出来事がほぼ同時に起きている、

つまりは時間的にぺたっと接触しているのですね。

 

「~に従事して、~の状態で」

ある出来事にペタっとくっついていれば、

「~に従事して、~の状態で」という意味にもなりますね。

 

The house is on fire.

(その家は火事だ ≒ 「家」が「火事」という状態に接触)

 

He went to NY on business.

(彼は仕事でニューヨークへ行った ≒ 「彼」が「仕事」という状態に従事)

 

「~について、関して」

ある出来事にペタっとくっついていれば、

「~について、関して」という意味にもなりますね。

 

 

about「~について」と同じ意味?

 

 

 

少し違います!

 

 

aboutが「周辺にぼやっとある」イメージなのに対し、

onは「真上にペタっとくっついている」イメージです。

 

つまり、onの方がより専門的な内容で使われやすい傾向があります。

 

 

コチラが例文です。

I read the book on English grammar.

(わたしは英語文法に関するその本を読んだ)

 

「依存」

ココロが誰か (なにか)の上によりかかれば、「依存」の意味を持つようにもなります。

 

He depends on his parents.

(彼は両親に依存している)

 

His theory is based on the fact.

(彼の理論はその事実に基づいている = 「理論」が「事実」の上に乗っかっているイメージ)

 

 

上の例文で使われている

depend on~「~に依存する」

be based on~「~に基づいている」

は比較的見慣れた表現だと思います。

 

影響

「影響」です。

 

何かに対し上から影響を与えているイメージですね。

影響を与えるってことは、その二つがくっついているのでonが使われます。

 

The teacher has a great influence on the students.

(その先生は生徒たちに多大な影響を与えている)

 

He concentrated on the game.

(彼はその試合に集中した = 試合に意識を向け、ペタっとくっつけているイメージ)

 

 

concentrate on~「~に集中する」は、ひょっとしたら熟語表現として覚えた方も多いかもしれません。実は、onが持つイメージから理解することが出来たのですね。

 

継続

ラストは「継続」です。

 

ある状態にくっつき続けているイメージです。

Keep on doing what you want.

(あなたがしたいことを続けなさい)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

前置詞を理解すると、様々な表現をスッと頭に入れることが出来ます。

ぜひぜひ単なる機械的な暗記ではなく、英語をイメージで捉えるクセを付けてくださいね!

 

※下記の記事では、イメージで理解していないと間違えがちな前置詞onの用例を紹介しています。ご興味があればぜひお読みください。

【サクッと英会話】「川沿いにある」を英語で言うと?

 

 

 

また、前置詞についてもっと知りたいという方は、

当ブログの前置詞カテゴリーの記事

イメージで比べてわかる 前置詞使い分けBOOK一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)が大まかなイメージを理解するのに役に立つと思います。

 

 

 

特に、一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)前置詞以外の英文法の事項も新鮮な観点(かつイメージに残りやすい本質的な記述)で説明してくれているので、お持ちでない方は手元に一冊置いておくと英語学習がとても楽しくなると思います。

 

 

また、前置詞の観点から英語の熟語をひたすらまとめた解体英熟語 改訂第2版もおすすめです。Z会からの出版で、一応大学受験用ということになってはいますが、大人にとっても普通に役立ちます。というか、役立ちすぎるくらい情報量が豊富&わかりやすいです。

 

巻末に各前置詞をおおざっぱにまとめた簡単な説明が載っていますが、それがとてもわかりやすく、正直その説明のためだけでもこれを一冊買う価値があります。

 

 

前置詞は奥が深いので、ぜひぜひ上記の書籍に目を通してみてくださいね。見える世界がガラッと変わると思います。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
前置詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考:【本質から理解!】前置詞onのイメージとは […]

  2. […] 【本質から理解!】前置詞onのイメージとは […]

  3. […] 【本質から理解!】前置詞onのイメージとは […]

  4. […] hold on to~: ~を離さない、~にしがみつく (onは「継続」の意味で使用) […]

  5. […] 【本質から理解!】前置詞onのイメージとは […]

  6. […] 【本質から理解!】前置詞onのイメージとは […]