【理由の接続詞まとめ】because/as/since/forの違いとは?【~なので】

接続詞

 

今回はbecause/as/since/forの違いについて説明します。

 

全て「~だから、~なので」という理由の意味を持つのですが、少しずつ使い方が違うのですね。

 

5分程度でサクッと読めますよ!

 

because/as/since/forの違い

まずは結論から。because/as/since/forの違いは下記の通りです。

 

ポイント

・because 「~だから」

① 新情報に使われる

② becauseのみ「強調構文」、「just/onlyとセット」、「主語」での使用可

 

・since「~なので」

① 旧情報に使われる

 

・as「~なので」

① 旧情報に使われる

 

・for「~だ。というのもSVだからだ」

① 自分なりの判断理由に使われる。becauseのような因果関係はない

② “~, for SV”や”~. For SV”という形で使用可。”For SV, ~”は不可

 

 

 

どういうこと?

 

①、②の要素を一つずつ具体的に見ていきましょう。

 

①新情報(because) vs 旧情報(since/as) vs 自分なりの判断理由(for)

「①新情報(because) vs 旧情報(since/as) vs 自分なりの判断理由(for)」から見ていきましょう。

 

新情報と旧情報

まずは新情報 (because)と旧情報 (since/as)の違いです。

 

新情報、旧情報とは、

  • 新情報:読者にとって新しい情報 ⇒文の後ろの方にくる傾向がある
  • 旧情報:読者がすでに知っている情報 ⇒文の前の方にくる傾向がある

のことですね。

 

becauseは新情報と結びつきやすく、

as/sinceは旧情報と結びつきやすいのです。

 

 

例文はコチラです。

As I don’t have money, I can’t buy anything.

Since I don’t have money, I can’t buy anything.

≒ I can’t buy anything, because I don’t have money.

(私はお金を持っていないので、何も買うことが出来ない)

 

 

asやsinceは、「お金を持っていない」という事実が旧情報 (既に読者が知っているコト)として扱われています。つまり、この前の文章で、既に「私はお金を持っていない」というコトが触れられているのですね。

 

一方、becauseは「お金を持っていない」という事実が新情報として扱われています。つまり、この前の文章で、「私はお金を持っていない」というコトが触れられていないのですね。

 

 

このような事情があり、

  • as/sinceは文頭
  • becauseは文末

で使われることが非常に多いです。(絶対、というわけではありませんが)

 

 

自分なりの判断理由

次にforが持つ、自分なりの判断理由です。

 

次の例文を見てください。「朝だ⇒だって、鳥が鳴いてるから (自分の判断理由)」という話の流れを意識してくださいね。

It is morning now, for the birds are singing.

(いまは朝だ。というのも、鳥たちが鳴いているからだ)

 

 

一方、ここでbecauseを使うと少しなおかしなことになります。

× It is morning now, because the birds are singing.

(鳥たちが鳴いているから、今は朝だ)

 

 

becauseというのは「因果関係」を示すものです。

 

つまり、「鳥たちが鳴く⇒その結果、朝になる」という因果関係が発生することになってしまうのです。

 

 

ただ、実際は違いますよね。

 

「朝になったから⇒鳥たちは鳴く」のであり、

「鳥たちが鳴くから⇒朝になる」わけではありません。

 

太陽が、「鳥たちが鳴いてるなあ。どれ、そろそろ顔を出してやるか」とはならないですよね。

 

② becauseのみ「強調構文」、「just/onlyとセット」、「主語」での使用可 / forは“~, for SV”や”~. For SV”という形で使用可

今度は、

becauseのみ「強調構文」、「just/onlyとセット」、「主語」での使用可

forは”~, for SV”や”~. For SV”という形で使用可。”For SV, ~”は不可

を見ていきましょう。

 

becauseのみ「強調構文」、「just/onlyとセット」、「主語」での使用可

becauseは「強調構文」、「just/onlyとセット」、「主語」での使用が可能ですが、この用法はasやsinceにはありません。

 

 

それぞれの例文を紹介します。

 

強調構文のパターンです。強調したい部分”because I love her”が、”It is ~ that”に挟まれていますね。

It is because I love her that I take care of her.

(私が彼女の世話をしているのは、わたしが彼女を愛しているからだ)

 

 

just/onlyとセットのパターンです。notとセットで「~だからといって」という意味で使われることが非常に多いです。

Do not get angry just because I lost your book.

(わたしが君の本を失くしたからといって、怒るなよ)

 

He hit me only because I lost his book.

(私が彼の本を亡くしたからという理由だけで、彼はわたしを殴った)

 

 

主語として使われるパターンです。”Just because he doesn’t like me”が文全体の主語になっている点に注目です。

<Just because he doesn’t like me> doesn’t mean that he can ignore me.

(彼が私を好きでないというだけで、彼がわたしを無視してよいということにはならない

彼が私を好きではないからということは、彼がわたしを無視してよいということを意味しない)

 

forは”~, for SV”や”~. For SV”という形で使用可。”For SV, ~”は不可

forは”~, for SV”や”~. For SV”という形で使用、”For SV, ~”は不可についても、例文で考えてみましょう。

 

<OK>

It is morning now, for the birds are singing.

= It is morning now. For the birds are singing.

(いまは朝だ。というのも、鳥たちが鳴いているからだ)

 

<NG>

For the birds are singing, it is morning now.

 

 

forは等位接続詞(andなどと同じ)なので、一番下のパターンはダメなのですね。

 

“It is morning now, and the birds are singing.”はありそうですが、

And it is morning now, the birds are singing.”はこれまでに見たことがないハズです。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

一見当たり前の単語も、こうして考えてみると奥が深いですね。英作文に必須の知識ですので、ぜひぜひ何度も読み返して知識を整理してくださいね。

 

それでは!

 


コメント

  1. […] because/since/as/forの細かい違いはコチラの記事(【理由の接続詞まとめ】because/as/since/forの違いとは?【~なので】)で説明しています。 […]