on Sundayとon Sundaysの違いとは?

英文法

 

今回はon Sundayとon Sundaysの違いを取り上げます。

 

曜日の表現では、onの後ろが単数形になるか複数形になるかで、

意味が変わってくるのですね!

 

on Sunday「特定の日曜日」、on Sundays「毎週日曜日」

on Sundayなら「特定の日曜日」、

on Sundaysなら「毎週日曜日」を基本的には意味します。

 

 

onの後ろが単数形なら「ある特定の日曜日」にしか言及しないのですが、

onの後ろを複数形にすることで、「たくさんの日曜日 = 毎週日曜日」と意味するのですね。

 

 

例文はコチラです。

I will go shopping on Sunday.

(わたしは今度の日曜日ショッピングへ行くつもりだ)

 

I play tennis on Sundays.

(わたしは毎週日曜日テニスをする)

 

on Sundayでも「毎週日曜日」になる場合

ただ、on Sundayを「毎週日曜日」と解釈できる場合があります。

 

文脈次第で「単発の日曜日ではない」と判断できる場合は、「毎週日曜日」と訳すのですね。

 

 

例文はコチラです。

She expects him to work on Sunday.

(彼女は彼に日曜日も働くことを期待している)

 

* expect 人 to Vで「人にVすることを期待する」となります

 

 

 

 

結局は文脈次第というコトだね!

 

その通りです!

 

ただ、相手に対し確実に「毎週日曜」と伝えたい場合は、on Sundaysとするのが良いですね!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント