【イメージで理解】「tall/high: 高い」の違いとは?【3分で読める】

基本単語

 

今回はtallとhighの違いについてまとめてみました。

 

どちらも「高い」という意味を持ちますが、一体どのような違いがあるのでしょう?

 

イメージ付きでサクッと確認していきましょう!

 

「tall/high: 高い」の違い

「tall/high: 高い」の違いは下記の通りです。

 

ポイント
  • tall: 身長や建物などが高い ⇒線のイメージ(横幅に比べ縦に長い)
  • high: 山や建物などが高い ⇒点のイメージ(絶対的な高さに言及)

 

 

tallは身長や建物に使われ、線のイメージを持ちます。横幅に比べて縦に長いものに言及する際、使われます。

 

一方、highは山や建物に使われ、点のイメージを持ちます。絶対的な高さに言及する際、使われます。

 

 

高い建物に対しては、tall/highのどちらも使用できます。下から視線を見上げて建物の高さを見るときはtall、建物の絶対的な高さだけを考えるときはhighを使うのですね。

 

 

下記にいくつか例文をあげておきます。tallが持つ線のイメージ、highが持つ点のイメージを意識してくださいね。

He is tall.

(彼は背が高い)

 

Can you see the tall/high building?

(その高い建物が見える?)

 

How high is Mt. Fuji?

(富士山はどのくらい高い?)

 

tall glass (高さのあるグラス)

high ceiling (高い天井)

high heels (ハイヒール)

 

 

 

 


コメント