【「思い出させる」英語表現まとめ】bring back/remind O of

英文法

 

今回は「~を思い出させる」という表現について学びましょう。

 

単語レベルに分解して考えると、暗記も楽に済みますよ!

 

「~を思い出させる」表現まとめ

「~を思い出させる」という意味になる表現は下記の通りです。

 

ポイント
  • bring back~: ~を思い出させる
  • remind O of~: Oに~を思い出させる 

 

 

なぜこのような意味になるのか?

 

それぞれ単語レベルまで分解して考えてみましょう!

 

bring back

bring back~を分解すると次の通りです。

 

  • bring: ~を持ってくる
  • back: 後ろへ、戻って

 

※bringを使った熟語は、下記の記事で詳しく解説しています。

参考:【全7種をまとめて暗記!】bring aboutとcome aboutの違いとは

 

 

頭の中になかったものを元に戻して持ってくるから、「~を思い出させる」という意味になるのですね。

 

The sight brought back the childhood memory.

(その光景は子供時代の記憶を思い出させた)

 

remind O of

remind O of~を分解すると次の通りです。

 

  • remind: 思い出させる
  • O: 目的語 (「人」がくることが多い)
  • of: ~について

 

※前置詞ofの意味は、下記の記事で詳しく解説しています。

参考:【本質から理解!】前置詞ofのイメージとは【ofの意味一覧】

 

 

これはそのまんまですね。

人に何かについて思い出させるから、「Oに~について思い出させる」という意味になるのですね。

 

The sight reminded him of his childhood memory.

(その光景は彼に子供時代の記憶を思い出させた)

 

 

 

熟語は、単語レベル (特に前置詞)まで分解していくと、暗記がだいぶ楽になりますね!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント