原形不定詞Vをとる動詞 & 定型表現まとめ

準動詞

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は原形不定詞を解説します。

 

この形をとる動詞はある程度限られているので、これを機会に一網打尽にしてしまいましょう!

 

原形不定詞とは?

 

原形不定詞ってなに??

 

原形不定詞とは、不定詞to Vからtoを省略したものです。通常不定詞はto Vの形をとるんですね。ただ、原形不定詞にはtoがなく、Vだけが残されます。

 

 

イマイチぴんとこない…

 

例文で見てみましょう。

He helped me carry my luggage. (彼は、わたしが荷物を運ぶのを手伝ってくれた)

 

help O Vは、「OがVするのを手伝う」という意味の定型表現です。このVの部分が原形不定詞です。

 

何が特殊なのかよくわからない…

 

1つの文に、2つのV(動詞)があることが特殊なんです。

 

よくよく考えてください。helpは「手伝う」という意味のVです。既にここにVが1つあるんです。にもかかわらず、help O Vの形で、Oの後ろにもう一度Vが出現している。つまり、1つの文に2つのVが存在することになってしまうんです。(接続詞などがない限り)1つの文にVは1つだけ!という大原則に反してしまうことになります。

 

しかしこれ、Oの後ろのVが不定詞to Vと考えると納得がいくのです。不定詞であれば、1つの文の中で、ほかのVとも共存できますから。そして、この不定詞が特殊なのは、help O to Vとせず、help O Vという形になっているからなのです。toが省略された形を原形不定詞と呼びます。

 

原形不定詞をとる動詞

原形不定詞がなんなのかを理解したところで、原形不定詞をとる動詞をリストアップしてみましょう。数は限られているので、マルっと覚えてしまうのが良いです。

 

原形不定詞をとる動詞
  • help O V (help O to Vも可): OがVする手助けをする
  • make O V: OにVさせる(強制力高い)
  • have O V: OにVさせる(強制力中くらい)
  • let O V: OにVさせる(強制力低い。許可を与えるイメージ)
  • see O V: OがVするのを見る

→知覚動詞全般(see, watch, look at, hear, listen to, notice, observe, feelなど)

 

なお、受動態にした場合、helpやmake, 知覚動詞は原形不定詞ではなくto Vの形をとります。(to Vの形をとらないのはhave, letのみ)

 

 

I was helped to carry my luggage by him. (わたしは彼に、荷物を運ぶのを手伝ってもらった)

 

原形不定詞を用いたその他定型表現

原形不定詞が関係するその他の定型表現もまとめておきます。

 

原形不定詞が関係する定型表現
  • help V: Vするのを手伝う、Vするのに役立つ
  • do nothing but V: ただVばかりする(≒V以外何もしない。butには「~以外」の意味アリ)
  • All S have to do is V (to Vも可): SはVさえすればよい(≒Sがすべき全てのことはVすることだ)
  • All S can do is V (to Vも可): SにできることはVだけだ(≒Sができる全てのことはVすることだ)

おわりに

いかがでしたか? 以上が原形不定詞です。

 

toがない不定詞ということで、じゃっかんイレギュラーな表現です。試験でもつまづきやすい箇所ですので、ぜひ完璧に習得して、ライバルに差をつけてください!

 

 

なお、「オススメの文法書はなんですか?」という質問をよく受けるのですが、断トツで徹底例解ロイヤル英文法がおススメです。情報量が多い&情報が正確なだけでなく、索引もしっかりしているので、文法書として非常に使い勝手が良いです。

 

わたし自身、記事を書いていて「あれ、これってこういう説明で大丈夫なんだっけ?」というときは、たいていロイヤルにお世話になっています。

 

文法系の疑問は、たいていこれ一冊で解決します。手元に置いておけば非常に便利なので、まだお持ちでない方にはとてもおススメです。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
準動詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント