原形不定詞Vをとる動詞 & 定型表現まとめ

準動詞

こんにちは、講師のNです。

 

今回は原形不定詞を解説します。

 

この形をとる動詞はある程度限られているので、これを機会に一網打尽にしてしまいましょう!

 

原形不定詞とは?

 

原形不定詞ってなに??

 

原形不定詞とは、不定詞to Vからtoを省略したものです。通常不定詞はto Vの形をとるんですね。ただ、原形不定詞にはtoがなく、Vだけが残されます。

 

 

イマイチぴんとこない…

 

例文で見てみましょう。

He helped me carry my luggage. (彼は、わたしが荷物を運ぶのを手伝ってくれた)

 

help O Vは、「OがVするのを手伝う」という意味の定型表現です。このVの部分が原形不定詞です。

 

何が特殊なのかよくわからない…

 

1つの文に、2つのV(動詞)があることが特殊なんです。

 

よくよく考えてください。helpは「手伝う」という意味のVです。既にここにVが1つあるんです。にもかかわらず、help O Vの形で、Oの後ろにもう一度Vが出現している。つまり、1つの文に2つのVが存在することになってしまうんです。(接続詞などがない限り)1つの文にVは1つだけ!という大原則に反してしまうことになります。

 

しかしこれ、Oの後ろのVが不定詞to Vと考えると納得がいくのです。不定詞であれば、1つの文の中で、ほかのVとも共存できますから。そして、この不定詞が特殊なのは、help O to Vとせず、help O Vという形になっているからなのです。toが省略された形を原形不定詞と呼びます。

 

原形不定詞をとる動詞

原形不定詞がなんなのかを理解したところで、原形不定詞をとる動詞をリストアップしてみましょう。数は限られているので、マルっと覚えてしまうのが良いです。

 

原形不定詞をとる動詞
  • help O V (help O to Vも可): OがVする手助けをする
  • make O V: OにVさせる(強制力高い)
  • have O V: OにVさせる(強制力中くらい)
  • let O V: OにVさせる(強制力低い。許可を与えるイメージ)
  • see O V: OがVするのを見る

→知覚動詞全般(see, watch, look at, hear, listen to, notice, observe, feelなど)

 

なお、受動態にした場合、helpやmake, 知覚動詞は原形不定詞ではなくto Vの形をとります。(to Vの形をとらないのはhave, letのみ)

 

 

I was helped to carry my luggage by him. (わたしは彼に、荷物を運ぶのを手伝ってもらった)

 

原形不定詞を用いたその他定型表現

原形不定詞が関係するその他の定型表現もまとめておきます。

 

原形不定詞が関係する定型表現
  • help V: Vするのを手伝う、Vするのに役立つ
  • do nothing but V: ただVばかりする(≒V以外何もしない。butには「~以外」の意味アリ)
  • All S have to do is V (to Vも可): SはVさえすればよい(≒Sがすべき全てのことはVすることだ)
  • All S can do is V (to Vも可): SにできることはVだけだ(≒Sができる全てのことはVすることだ)

おわりに

いかがでしたか?以上が原形不定詞です。

 

toがない不定詞ということで、じゃっかんイレギュラーな表現です。試験でもつまづきやすい箇所ですので、ぜひ完璧に習得して、ライバルに差をつけてください!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
準動詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント