【要注意】意外とpleaseが使えない場合【pleaseの用法】

基本単語

 

今回は意外とpleaseが使えない場合を紹介したいと思います。

 

「~してください」という日本語で考えると、騙されがちな表現です。

 

サクッと確認してみましょう!

 

pleaseが使えない場合

下記の場合、pleaseを使うとやや不自然な表現になります。

 

“Where is the station?”

(駅はどこですか?)

 

“*Please turn right at the next corner.”

(次の角を右に曲がってください)

 

 

一見正しそうな表現ですが、一体どうして不自然になるのでしょうか?

 

ヒミツはpleaseの使用法にあります。

 

pleaseの本当の意味

pleaseの「~してください」は、「発言者の利益になる時」使用されます。

 

たとえば、「お金を貸してください」のような場合、

相手がお金を貸してくれれば発言した人の利益になりますよね。

 

このような時はpleaseを使っても全く問題ありません。

Please lend me money.

(お金を貸してください)

 

 

 

一方、先ほどの文のように、道案内の文脈では、相手が右へ行こうと発言者の利益にはならないわけです。道に迷おうが迷うまいが、発言者は損も得もありませんからね。

 

かつ、ここでのpleaseは「指示・警告」に近い意味で使われています。そのようなとき、pleaseとの相性はあまり良くないのです。

 

したがい、pleaseを外して表現することになります。

Turn right at the next corner.

(次の角を右に曲がって)

 

 

 

この場合はただの命令文となるわけですが、「〇〇しろ!」という強い意味合いはあまりありません。「当然〇〇するよね」という柔らかい意味で命令文が使用されています。

 

相手に命令する意味合いはありませんので、道案内では遠慮なく命令文を使ってしまって結構です。

 

 

以上、pleaseの細かい知識でした。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント