【超決定版】純粋不可算名詞まとめ【イメージで暗記】

名詞

 

今回は純粋不可算名詞についてまとめてみました。

 

純粋不可算名詞って?

 

純粋不可算名詞とは、常に不可算名詞扱いされる名詞のことです。

 

 

辞書に「不可算名詞」という記述があっても、形容詞が付くと“snow ⇒a heavy snow”のように、aが付くことがあります(可算名詞になることがあります)。

 

※「形容詞が付くとなぜ可算名詞化するのか?」は下記の記事でわかりやすく説明しています。

【超決定版】aの意味・使い方まとめ

 

 

ただ、純粋不可算名詞は、どんな時であろうと常に不可算名詞扱いされるのですね。今回はそんな特殊な名詞についてまとめてみました。

 

純粋不可算名詞まとめ

純粋不可算名詞まとめは下記の通りです。

 

 

ポイント

「集合系」の単語

  • baggage, luggage: 荷物
  • equipment: 装置
  • furniture: 家具
  • garbage: 生ごみ
  • homework: 宿題
  • housework: 家事
  • overwork: 働きすぎること
  • work: 仕事(「作品」の意味では可算名詞になる)
  • information: 情報
  • machinery: 機械類
  • poetry: 詩(集合的に)
  • money: お金
  • scenery: 風景
  • weather: 天気

 

「抽象系」の単語

  • advice: 助言(「通知書」の意味では可算名詞になる)
  • fun: 楽しみ
  • luck: 幸運
  • music: 音楽(個別の曲に言及するときはa songとする)
  • news: 知らせ
  • progress: 進歩

 

暗記のコツ

純粋不可算名詞は数が多くないので、丸暗記するのも悪くはないです。

 

ただ、その時にザクっとグループ分けしておくと、暗記がさらに楽になります。

 

何かの集合を表す単語

まずは「何かの集合を表す単語」は不可算名詞になるという原則です。

 

例えば「baggage/luggage: 荷物」がその代表格です。

 

これらの単語は個々のカバンというよりは、カバンの集合体を表す単語です。そのため、「1つ、2つ…」と数えることにあまり意味はないのですね。

 

数えることに意味がない…つまりは不可算名詞になるというわけです。

 

 

下記の単語は全て何かをぐちゃっとまとめたものを指しているのですね。

  • baggage, luggage: 荷物 ⇒カバンの集合体
  • equipment: 装置 ⇒装置の集合体
  • furniture: 家具 ⇒タンスなどの家具諸々の集合体
  • garbage: 生ごみ ⇒ごちゃっとしたごみの集合体
  • work: 仕事 ⇒出勤してPCを作動して資料を作って…という一連の作業全ての集合体
  • homework: 宿題 ⇒workと似た発想
  • housework: 家事 ⇒workと似た発想
  • overwork: 働きすぎること ⇒workと似た発想
  • information: 情報 ⇒様々な情報の集合体
  • machinery: 機械類 ⇒語尾-ryは「〇〇の集合体」を意味する
  • poetry: 詩(集合的に) ⇒語尾-ryは「〇〇の集合体」を意味する
  • scenery: 風景 ⇒語尾-ryは「〇〇の集合体」を意味する
  • money: お金 ⇒お札や硬貨などの集合体
  • weather: 天気 ⇒雨の有無、風の有無、暑さなど、様々なものの集合としての「天気」

 

 

work系の単語は不可算名詞になりやすいこと、

-ry系の単語は何かの集合体を表すので、やはり不可算名詞になりやすいこと

を押さえておくと暗記が楽ですね。

 

抽象的な単語

下記は抽象的なために不可算名詞になっているものです。具体的な形が描きづらいのですね。

 

  • advice: 助言(「通知書」の意味では可算名詞になる)
  • fun: 楽しみ
  • luck: 幸運
  • music: 音楽
  • news: 知らせ
  • progress: 進歩

 

 

musicは、ギリシア神話のMuses(ミューズ)から来ています。

 

Musesが奏でる技のことをmusicというようになったのですが、

「技」というのは動きのある物であり、ハッキリした輪郭が描きづらいですよね。

 

そのため、不可算名詞扱いになっているというわけです。

 

おわりに

いかがでしたか? 最後に改めてまとめを再掲しましょう。

 

ポイント

「集合系」の単語

  • baggage, luggage: 荷物
  • furniture: 家具
  • garbage: 生ごみ
  • homework: 宿題
  • housework: 家事
  • overwork: 働きすぎること
  • work: 仕事(「作品」の意味では可算名詞になる)
  • information: 情報
  • machinery: 機械類
  • poetry: 詩(集合的に)
  • money: お金
  • scenery: 風景
  • weather: 天気

 

「抽象系」の単語

  • advice: 助言(「通知書」の意味では可算名詞になる)
  • fun: 楽しみ
  • luck: 幸運
  • music: 音楽(個別の曲に言及するときはa songとする)
  • news: 知らせ
  • progress: 進歩

 

 

暗記せざるを得ない部分はもちろんありますが、ある程度理屈がわかると随分頭に残りやすくなりますね!

 

英語に関わらず、「理解+暗記」が最強の勉強法ですので、ぜひ「理解+暗記」を意識しながら勉強してみてくださいね。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
名詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント