【本質から理解!】前置詞beyondのイメージとは【意味】

前置詞

 

こんにちは!

 

今回は前置詞beyondの意味をまとめたいと思います。

 

一見様々な意味がありますが、本質的な理解をすると、一気に記憶出来ますよ。

 

beyondは「~の向こうに」

beyondの根本にあるイメージは「~の向こうに」です。

 

 

 

何かを越えて、その向こう側へ行くイメージですね。

 

このイメージが物理的、時間的…に派生していくことで、

様々な意味を持つようになります。

 

 

色々な意味をまとめてチェックしていきましょう!

 

beyondの様々な用法

beyondの意味まとめは下記の通りです。

 

beyondの意味まとめ
  1. 「~の向こうに (位置)」
  2. 「~を過ぎて (時間)」
  3. 「~を越えて (範囲・限界)」
  4. 「~のほかに (主に否定文で)」

 

「~の向こうに (位置)」

まずは最も基本的な「~の向こうに (位置)」の意味から見ていきましょう。

 

The building is beyond the river.

(その建物は川の向こうにある)

 

Don’t go beyond this point.

(この地点の向こうへ行くな)

 

「~を過ぎて (時間)」

「~の向こうに」のイメージが時間と結びつくと、

「~を過ぎて 、~を超えて(時間)」という意味になります。

 

Don’t talk beyond the allocated time.

(割り当てられた時間を過ぎて話をするな)

 

A kid beyond five years old cannot enter the room.

(5歳を超えた子どもはその部屋に入ることが出来ない)

 

「~を越えて (範囲・限界)」

「~の向こうに」が物事の範囲や程度のイメージと結びつくと、

「~を越えて (範囲・限界)」という意味になります。

 

He lived beyond his income.

(彼は彼の収入を超えた暮らしをしていた)

 

The idea is beyond my understanding.

(その考えは私の理解を超えている)

 

「~のほかに (通例疑問文・否定文で)」

何かを超えて、その向こう側にあるものを付け加えるように考えれば、
「~のほかに (主に否定文で)」という意味にもなります。

 

I do not know anything about him beyond that.

(そのことのほかに、わたしは彼について何も知らない)

 

おわりに

一見様々な意味がありますが、本質を理解していると、

いろいろな用法を一気に暗記できますね!

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
前置詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント