【カンタン理解!】SVO to V型の動詞【意味・用法まとめ】

準動詞

 

こんにちは!

 

今回はSVO to Vの形をとる動詞をまとめてみたいと思います。

註:”SVO to do型”などと呼んだりもします

 

 

様々な意味がありますが、toが持つニュアンスに着目すると、だいぶ暗記が楽になりますよ!

 

なお、記事後半にはnotを使った応用編もあります。ぜひ最後までお読みくださいね。

 

SVO to V型の動詞まとめ

まずは、SVO to V型の代表的な動詞をざっくり紹介いたします。

 

全て、”OにVさせる / OがVする”という意味になっています。

 

 

SVO to V型の動詞まとめ
  • advise O to do: OにVするよう忠告する
  • allow O to V: OがVするのを許す
  • permit O to V: OがVするのを許す
  • ask O to V: OにVするよう頼む
  • beg O to V: OにVするよう頼む(askより固く、requestよりくだけた表現)
  • request O to V: OにVするよう頼む
  • require O to V: OにVするよう要求する
  • command O to V: OにVするよう命令する
  • order O to V: OにVするよう命令する
  • compel O to V: OにVするよう強制する(むりやりVさせる)
  • force O to V: Oに無理にVさせる
  • oblige O to V: Oに無理にVさせる(義務)
  • desire O to V: OにVするよう望む
  • expect O to V: OにVするよう期待する
  • want O to V: OにVしてもらいたい
  • would like O to V: OにVしてもらいたい
  • wish O to V: OにVしてもらいたい
  • encourage O to V: OにVするよう促す
  • induce O to V: OにVするよう勧める
  • invite O to V: OにVするよう勧める
  • recommend O to V: OにVするよう勧める
  • tempt O to V: OがVするよう誘う (誘惑する)
  • lead O to V: OにVさせる
  • persuade O to V: OがVするよう説得する
  • urge O to V: OがVするよう説得する
  • enable O to V: OがVするのを可能にさせる
  • help O to V: OがVするのを手助けする (現代ではtoを省略し、”help O V”とすることも多い)

※notは右側を否定! たとえば、「do not tell O to V: OにVするよう言わない」「tell O not to V: OにVしないよう言う」の違いに要注意

 

 

 

全部覚えるの?

うへえ…

 

 

 

全て覚えなければいけないのは事実です。

 

 

ただ、toが持つ「未来志向」という意味に着目すれば、暗記はぐっと楽になります。

 

“He went to Kyoto.”という表現からもわかる通り、

toはどこかへ向かい、到着するイメージですよね。

 

つまり、矢印が未来に伸びているんです。

 

 

このことから、

to Vの部分に来ている表現が全て「これからやること」

を意味していることは、覚えておいて損はないと思います。

 

 

どういうこと?

 

 

 

例えば“allow O to V: OがVするのを許す”で考えてみましょう。

My parents allows me to go to the concert.

(両親は、わたしがそのコンサートへ行くことを許してくれている)

 

 

 

この場合、「~へ行く」がto Vの部分と対応しています。

ここが「未来志向」の意味と結びついています。

 

 

どういうこと?

 

 

 

この文を書いた時点で、「コンサートに行く」という行為はまだ実現していませんよね。

これからなされる行為であるわけです。

 

 

※toが持つ意味合いについては、下記の記事で詳しく説明しています。

【不定詞と動名詞】forget to V / forget Vingの意味と違いとは

【本質から理解!】前置詞toのイメージとは

 

 

 

このように、SVO to V型の動詞において、

to Vの部分にくるカタマリは、「これからなされる行為 (=未来志向)」を意味するのです。

 

 

 

そのような目でそれぞれの表現をチェックしていくと、だいぶ理解がすっきりしますね!

 

あとは、使われている単語ごとに意味が異なってくる*と覚えておけば、暗記の量はぐっと減りそうです。

 

* たとえば、want O to Vなら「OにVしてほしい」、ask O to Vなら「OにVするよう頼む」といったように、使われている動詞ごとに意味が変化していますね。

 

応用編:notの位置に要注意

上記の表現がnotと組み合わされた時を見てみましょう。

 

まず大原則として押さえて欲しいのが、「notは右側を否定する」というルールです。notは原則として、文の右側を否定します。

 

このことから、notの位置によって意味の違いが出ることがあるのですね。

 

 

例えば下記の例文を見てください。「tell O to V:OにVするよう言う」が使用されていますが、notの位置で下記のように意味が変化します。

I did not tell him to study hard.

(わたしは彼に一生懸命勉強するようには言わなかった)

⇒notはtellを否定

 

I told him not to study hard.

(わたしは彼に一生懸命勉強しないよう言った)

⇒notはstudyを否定

 

 

このように、notの位置にも注意を払うようにしましょう!

 

 

※notの位置による意味の違いは、下記の記事でもまとめています。たとえば、all not/not allでは全く意味が異なってきます。興味があればぜひお読みください。

【決定版】all notは全否定か部分否定か?

 

まとめ

いかがでしたか? 改めてまとめを載せておきます。

 

SVO to V型の動詞まとめ
  • advise O to do: OにVするよう忠告する
  • allow O to V: OがVするのを許す
  • permit O to V: OがVするのを許す
  • ask O to V: OにVするよう頼む
  • beg O to V: OにVするよう頼む(askより固く、requestよりくだけた表現)
  • request O to V: OにVするよう頼む
  • require O to V: OにVするよう要求する
  • command O to V: OにVするよう命令する
  • order O to V: OにVするよう命令する
  • compel O to V: OにVするよう強制する(むりやりVさせる)
  • force O to V: Oに無理にVさせる
  • oblige O to V: Oに無理にVさせる(義務)
  • desire O to V: OにVするよう望む
  • expect O to V: OにVするよう期待する
  • want O to V: OにVしてもらいたい
  • would like O to V: OにVしてもらいたい
  • wish O to V: OにVしてもらいたい
  • encourage O to V: OにVするよう促す
  • induce O to V: OにVするよう勧める
  • invite O to V: OにVするよう勧める
  • recommend O to V: OにVするよう勧める
  • tempt O to V: OがVするよう誘う (誘惑する)
  • lead O to V: OにVさせる
  • persuade O to V: OがVするよう説得する
  • urge O to V: OがVするよう説得する
  • enable O to V: OがVするのを可能にさせる
  • help O to V: OがVするのを手助けする (現代ではtoを省略し、”help O V”とすることも多い)

 

※notは右側を否定! たとえば、「do not tell O to V: OにVするよう言わない」「tell O not to V: OにVしないよう言う」の違いに要注意

 

 

知らない表現があれば、何度か音読すると良いと思います。

 

 

さらに、頭に入りにくい表現は、レアジョブ英会話オンライン英会話)を試してみても良いかもしれません。実際の会話で使った表現は強く記憶に残るので、二度と忘れることはなくなりますよ。

 

25分のレッスンを200円弱で受けられ、品質もしっかりとしているので、個人的には結構オススメです。初回レッスンは無料なので、試しに受けてみても良いと思います。



 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
準動詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考:【カンタン理解!】SVO to V型の動詞意味まとめ […]

  2. […] 【カンタン理解!】SVO to V型の動詞【意味・用法まとめ】 […]

  3. […] XX O to Vという形を取る動詞はたくさんありますが(コチラの記事参照)、 […]

  4. […] 【カンタン理解!】SVO to V型の動詞 […]

  5. […] 【カンタン理解!】SVO to V型の動詞【意味・用法まとめ】 […]