【…のX倍~】英語の倍数表現 一覧【X times as~as…】

比較

 

今回は英語の倍数表現についてまとめてみました。

 

倍数表現ってなに?

 

 

「AはBの3倍大きいんだよ!」というような表現です。二つのものを比較して、「X倍~だ」というコトですね。パターンは非常に少ないので、これを機会に一気に押さえてしまいましょう。

 

倍数表現一覧

まずは倍数表現の全体像を示します。

 

倍数表現一覧
  1. A X times as 原級 as B:AはBのX倍 原級だ  *1
  2. A X times 比較級 than B:AはBのX倍 比較級だ (twiceや分数倍での使用は不可) *2
  3. A X times the 名詞 of B:AはBのX倍 名詞だ
*1 「2倍」はtwiceかtwo timesで表現。また、「分数倍(1/3倍など)」のときはtimesを付けない
*2 「2倍」はこの形ではtwo timesのみ許容される。twiceは不可

 

 

1番から順にみていきましょう。

 

A X times as 原級 as B:AはBのX倍 原級だ

まずはA X times as 原級 as B 「AはBのX倍 原級だ」から。例文で見てみましょう。

 

基本的なパターン。まず数字を持ってきて、比べる物差し(下の例文ならlarge)をasで挟みます。

This house is three times as large as that one.

(この家は、あの家の3倍大きい)

 

 

目的語がasに挟まれる場合もあります。基本的なつくりは変わりません。

He has four times as many books as I.

(彼は、わたしの4倍多くの本を持っている)

 

 

2倍ならtwiceを使います。timesは使いません。

This house is twice as large as that one.

= This house is two times as large as that one.

(この家は、あの家の2倍大きい)

 

 

分数倍でもtimesは省略します。(参考記事:分数表現まとめ

This house is two-thirds as large as that one.

(この家は、あの家の2/3倍の大きさだ)

 

A X times 比較級 than B:AはBのX倍 比較級だ

次にA X times 比較級 than B 「AはBのX倍 比較級だ 」です。

 

than(より~だ)を使っているだけで、基本的なところはas~asと変わりません。

This house is three times larger than that one.

(この家は、あの家の3倍大きい)

 

This house is two times larger than that one.

(この家は、あの家の2倍大きい)

 

 

なお、twice (two timesは良いです)や分数倍のときは、このパターンでの表現は出来ないので注意してください。

 

A X times the 名詞 of B:AはBのX倍 名詞だ

A X times the 名詞 of B 「AはBのX倍 名詞だ」となります。

 

まずは基本的なパターン。大きさなので、名詞部分はsizeを使ってます。直訳すると、「あの家のサイズの3倍」ですね。

This house is three times the size of that one.

(この家は、あの家の3倍大きい)

 

 

2倍ならtwice。今度は長さなのでlengthを使ってます。

This stick is twice the length of that one.

(この棒は、あの棒の2倍長い)

 

 

大きさ:size、長さ:length、重さ:weight、高さ:height

など、単位に合わせて名詞部分が入れ替わります。

 

おわりに

いかがでしたか? 苦手な人も多い倍数表現ですが、丁寧に見ていけば、案外覚えることは少ないです。

 

「理解→音読」を繰り返して、英語のルールを身体にしみこませてくださいね。

 

それではまた!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
比較英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] ※ten times as~asは、「10倍~だ」という倍数表現です。気になる方は過去記事をご覧ください。 […]

  2. […] ・【…のX倍~】英語の倍数表現 一覧【X times as~as…】 […]

  3. より:

    2倍らtwiceのみといいながら、例文で思いっきしtimes書いてありますよ。

    • N N より:

      ご指摘ありがとうございます。いろいろ間違っていたので、修正しておきました。